大雨の恐れがある時には

家の周囲をチェックしましょう

  • 屋根瓦やトタンがめくれたり壊れたりしていませんか
  • テレビアンテナはさびたり緩んだりしていませんか
  • 雨どいに枯葉や砂が詰まっていませんか
  • 雨戸はきちんと閉まりますか
  • 窓にひび割れやがたつきがありませんか
    また強風による飛来 物などに備えて、外側から板でふさぐなどしましょう
  • プロパンガスのボンベはきちんと固定されていますか
  • 物干し竿や植木鉢が風に飛ばされないようにしましょう
  • 自転車や看板などを屋内へしまいましょう
  • 浸水の恐れのあるところでは、家財道具や生活用品を家の中の高い場 所へ移動しましょう
家の周囲をチェックしよう

大雨の中を避難するには?

  • 動きやすく安全な服装を心がけてください。靴はひもでしめられる運動靴にしましょう。
  • 足元に十分注意してください。長い棒を杖がわりにして安全を確認しましょう。
  • 避難するときは2人以上が原則です。ロープでお互いを結んで避難しましょう。
  • 水の深さに注意をしてください。
    水深が腰まであるようなら無理をせず救援を待ちましょう。
  • 高齢者は背負ったり,子供には浮袋をつけさせたりして安全を確保しましょう。
大雨の中
の避難例

土のうの作り方・使い方

  • 土のうの作り方
  1. スコップで土のう袋に7~8割の土を入れます。(重さ:およそ30 ~50kg)
  2. 袋の端に出ているひもを引いて、袋の口を絞ります。
  3. 袋の口の周りにひもを2~3回まわし、まわしたひもの下にひもの 先を下から上へ通して締めます。
  • 土のうの代用例
  1. 家庭用ナイロンゴミ袋で!
    家庭用ナイロンゴミ袋(40リットル程度)を二重に重ね、中に半分 程度の水を入れて口を閉めます。段ボール箱に入れ、並べて使えば強度が増します。
  2. プランターとレジャーシートで!
    土を入れたプランターを 並べ、レジャーシートで巻きます。
  3. ポリタンクとレジャーシートで!
    水を入れたポリタンク (10~20リットル)を並べ、レジャーシートで巻きます。
土のうの
作り方画像
  • 土のうの使い方
  • 出入り口に並べ、浸水を防ぎます。
    閉めた口を一方向に向け、 置いた上からしっかりと押さえましょう。
  • 排水口から水が溢れるのを防ぎます。
    排水口のふたの上に直接 土のうを置くか、ふたの周りを土のうで囲みましょう。
土のうの
使い方画像

地震発生時に自宅にいるときの行動

地震発生時に自宅にいるときの行動

津波から身を守るために

情報を集めよう

  • 避難場所を確認しておく
  • 地震がおきたら,テレビ,ラジオ・防災行政無線などで,正しい情報を聞く

津波の特徴

  • 津波のスピードは早い
  • 津波はくり返しやってくる
  • 満潮の時は要注意
  • 引き潮がなくても注意

注意報・警報が出たら

  • 海辺や河川には近づかない
  • 高い場所へ避難する
注意報・警報が出たら、海辺や河川には近づかない。高い場所へ避難する。

自力で避難が困難な人を誘導するポイント

災害発生時には,誰もが「自らの身は、自ら守る」という意識で行動をとることが必要です。しかし,災害時要援護者にとっては,必ずしもそれは簡単なことではありません。行政や地域が協力して支援することが必要です。

目の不自由な人

  • つえを持つ手と反対側のひじのあたりに軽く触れ,ゆっくりと歩く
  • 進むべき方向は「○時の方向です」と時計の針で表現するのもよい
目の不自由な人の誘導方法例

耳の不自由な人車いすを利用している人

  • 身振りや筆談などで正確な情報を伝える
  • 口を大きく動かし,はっきりと話す
耳の不自由な人への伝達方法例

車いすを利用している人

  • 階段は3人以上で救助を
  • 上りは前向き,下りは後ろ向きで移動する

外国人

  • 身振り手振りで話かけ,孤立させないように心がける

お年寄りや怪我をしている人

  • 複数人で手助けする
  • 緊急の場合は,背負うなどして避難する