海事都市尾道市は、海事産業の人材確保・育成、海事産業の持続的発展、海事思想の啓発など地域の特性を活かした『海のまちづくり』を推進しています。

過去の海のまちづくり事業

  ・平成22年度 海のまちづくり事業

  ・平成23年度 海のまちづくり事業

  ・平成24年度 海のまちづくり事業

海のまちづくり事業<<平成25年度事業>>

平成25年6月30日(日)
洋上セミナー

 

 市内の小中学生及び保護者134人が参加して、鞆や仙酔島などに点在する史跡等を巡り、その歴史等について学習しました。船上では、海事都市尾道についての学習や、救命胴衣着用訓練なども行いました。

平成25年7月27日(土)・28日(日)
夏の海事学習会「ボートふしぎ発見」

  

 ヤマハ発動機鰍ゥら講師を招き、船はなぜ浮くのか、船の形でなぜスピードが変わるのかなど、船に関する講座を開催し、市内の小学生と保護者124人が参加しました。子どもたちは、講師のユーモアで分かりやすい説明や問いかけに、夢中になっていました。

平成26年2月19日(水)・20日(木)
海事都市講演会

       

 尾道・因島地区において、「今後の海運、造船、舶用業界の見通し」をテーマに講演会を開催し、海事関係者など84人が参加しました。