ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ カメラさんぽ カメラさんぽ(200) 無病息災を願って~ベッチャー祭り

カメラさんぽ(200) 無病息災を願って~ベッチャー祭り

印刷用ページを表示する掲載日:2015年11月3日更新

子どもたちは怖がって大人にしがみついています。どこの会場でも鬼の周りには人だかり!

 11月3日、尾道市無形民俗文化財にも指定されている“尾道ベッチャー祭り”で、「ショーキー」「ソバ」「ベタ」の三体の鬼神が市内を練り歩きました。

威勢の良い掛け声が聞こえてきます。これで、一年元気に過ごせますね。神輿を担ぐ人も気合いが入っています!

 江戸時代、尾道に流行した疫病の治癒を願って始まったと伝えられる祭りです。

 毎年11月1日から始まり、最終日の3日には、ベタ、ショーキー、ソバのお面を着けた3鬼神が市内を練り歩き、子どもたちを湧き立たせます。

 竹を割いて作られている「ササラ」や「祝い棒」で叩かれたり、突かれたりすると、病気にならずに元気に過ごせると言われています。