ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 尾道市議会 市議会の役割

市議会の役割

印刷用ページを表示する掲載日:2017年2月6日更新

 市議会とは?

 私たちの住んでいる尾道市を豊かで住みよいまちにするためには、市民一人ひとりが自分たちで考え、話し合い、決めたことを実行していくことが大切です。しかし、すべての市民の皆さんが集まって相談したり、一緒に仕事を行うことは物理的に困難なので、市民の代表者を選びます。これが市議会議員市長です。
 すなわち、市議会議員は、選挙によって市民から選ばれた市民の代表者で、原則、市内在住の選挙権のある人で、満25歳以上の人ならだれでも市議会議員に立候補できます。なお、議員の任期は4年です。

 市議会議員は市議会を構成し、市民の要望を市政に反映させるため、予算、条例などの議案を始め、請願等についてきめ細かく審議し、どのように処理すべきかを判定します。
 このため市議会は、議決機関と呼ばれています。
 また、市議会は、市政の方針や行政が、公平かつ公正、効率的に運営されているか、執行機関が行う事務や事業などをチェックします。

 一方市長は、市議会の決定に基づいて実際の仕事を進めていきます。このため、市長は執行機関と呼ばれています。
 市議会と市長は、お互いに独立した立場から協力しあい、市民生活の向上に努めています。