ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 教育委員会 個人情報の紛失(尾道市立栗原北小学校)
教育委員会

個人情報の紛失(尾道市立栗原北小学校)

印刷用ページを表示する掲載日:2017年2月6日更新

個人情報の紛失について  尾道市立栗原北小学校において、次のとおり個人情報の紛失がありました。
児童、保護者をはじめ市民の皆さんにご迷惑をおかけしたことを深くお詫びするとともに、再発防止に万全を尽くしてまいります。

1 紛失した個人情報

 小学校6年生1名分の「自動払込利用申込書」
 紛失した「自動払込利用申込書」に記載されていたと思われる主な内容は、次のとおり。

(1)自動払込利用申込書(中学校入学後の集金等の自動払込の申請書) 

  • 申請者の住所、氏名、電話番号
  • 申請者の口座番号

2 経過

  • 平成27年1月27日(火曜日)9時頃
     この教諭が、この児童から中学校入学に向けた必要提出書類「自動払込利用申込書」を受け取った。受け取った後、普段持ち歩くノートに挟んだところまでの記憶はある。その後、職員室の自分の引き出しに入れたと思っているが定かではない。
  • 平成27年2月26日(木曜日)17時10分
     この教諭が、中学校入学に向けた必要書類の提出に向けて整理していたところ、6年生1名分が紛失していることに気づいた。
  • 平成27年2月26日(木曜日)20時05分
     この教諭が、校長に報告した。
  • 平成27年2月26日(木曜日)20時50分
     校長が、尾道市教育委員会へ報告した。
  • 平成27年2月27日(金曜日)10時12分
     この教諭が電話により尾道警察署に遺失物届を行った。

3 今後の対応

 市内全小・中・高等学校長及び共同調理場所長に対し、個人情報保護及び適正な文書管理の徹底について文書を通知するとともに、臨時校長等会議を開催し再発防止に努めてまいります。

4 教育長コメント

 この度、本市小学校において個人情報が記されている書類を紛失させてしまい、児童、保護者の皆さんをはじめ、関係者の方々に、多大なご迷惑やご心配をおかけしました。
 また、先日、三庄認定こども園において個人情報紛失事案を生起させたばかりであり、文書管理の徹底について指導の徹底を図っていたにもかかわらず、続けて本事案を生起させてしまったことは、誠に遺憾であります。
 このことは、市民や保護者の信頼を裏切るものであり、教育長として、誠に申し訳なく思っております。心よりお詫び申し上げます。
 今後、市教育委員会として、すべての教職員に対して、教育公務員としての自覚と責任を喚起するとともに、服務規律の確保と信頼回復に向け、指導の徹底を図ると所存であります。
 特に、再度、個人情報の管理について指導の徹底を行うとともに、教職員個々の個人情報の管理に対する認識を高めるよう、あらゆる場を活用して指導を徹底してまいります。

尾道市教育委員会教育長 佐藤 昌弘