ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 教育委員会 子ども読書活動推進計画(平成23年度~平成25年度)を策定しました
教育委員会

子ども読書活動推進計画(平成23年度~平成25年度)を策定しました

印刷用ページを表示する掲載日:2017年3月1日更新

乳幼児期からスタートすることばの教育の充実

 ここ数年間、「基礎・基本」定着状況調査の児童生徒質問紙において、小学生では約10%の児童、中学生では約20%の生徒が、1ヶ月に1冊も本を読まないという実態があります。
 本計画では、「たくさん読む、」「よりよく読む」子どもの育成をめざし、それらを支える「環境の整備」を進めるため、12の項目について目標と具体的方策を示しています。

 尾道市においては、尾道つくしプラン、尾道教育さくらプランに基づき、「乳幼児期からのことばの教育」の推進に努めています。
 乳幼児においては、親子の触れ合いを深め、豊かな情操をはぐくむことを目的とした、「ブックスタート」「ブック・スタートプラス」「ブック・ステップアップ」を実施しています。また、小学校・中学校においては、地域、学校、家庭が一体となって学校図書館の蔵書のデータベース化や環境整備を通して特色ある学校図書館教育をすすめることを目的とした「尾道学校図書館活性化プロジェクト」を推進し、一定の成果が見られます。
 読書を通して、子どもの知を育み、心を豊かにし、ものの見方が広がっていくよう、関係機関や団体等と連携・協力し、積極的に取り組みを進めます。

関連書類

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)