ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 教育委員会 職員の酒気帯び運転による逮捕について
教育委員会

職員の酒気帯び運転による逮捕について

印刷用ページを表示する掲載日:2020年1月8日更新

 この度、本市教育委員会職員が、酒気帯び運転で逮捕されました。
 このことは、法令順守の立場にある公務員としてあってはならないものであり、心からお詫び申し上げます。
 今後、事実関係を確認の上、厳正に対処してまいりますとともに、全職員に対して、服務規律の確保について、より一層の徹底を図り、再発防止に努めてまいります。
  

1 当該職員
 (1) 所属 尾道市立三成小学校
 (2) 職名 技術員(学校用務)
 (3) 氏名 古川 智章(ふるかわ ともあき) 49歳

2  事故の概要
 令和2年1月7日(火)午後10時50分頃、当該職員が、福山市住吉町付近を自家用車で運転中、横断歩道を走行中の自転車と接触する事故を起こし、目撃者による通報を受けた警察が駆けつけ、事故処理する中で、酒気帯び運転(0.25mg/l)が判明し、道路交通法違反(酒気帯び運転等)で現行犯逮捕されたものです。