ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ くらしの情報 人権・男女平等 人権 「人権の花」運動を行いました。
トップページ くらしの情報 人権・男女平等 非核・平和 「人権の花」運動を行いました。

「人権の花」運動を行いました。

印刷用ページを表示する掲載日:2017年11月15日更新

 尾道市では、平成19年度より広島法務局尾道支局、尾道人権擁護委員協議会と連携し、「福山・尾道地域人権啓発ネットワーク協議会」の一員として、「人権の花」運動を行っています。
 昭和57年から、主に小学生に対する啓発活動として、命の大切さや相手への思いやりという基本的人権の尊重の精神を身につけてもらうことを目的として行ってきました。

 日比崎小学校写真  美木原小学校写真  百島小学校写真

 日比崎小学校での様子            美木原小学校での様子        百島小学校での様子

 

 尾道特別支援学校しまなみ分校  御調中央小学校写真

 尾道特別支援学校しまなみ分校での様子     御調中央小学校での様子 

平成29年度実施校

  • 平成29年10月30日(月曜日)尾道市立日崎小学校190セット
  • 平成29年10月31日(火曜日)尾道市立美木原小学校48セット
  • 平成29年10月31日(火曜日)尾道市立百島小学校7セット
  • 平成29年11月 2日(木曜日)広島県立尾道特別支援学校しまなみ分校11セット
  • 平成29年11月 6日(月曜日)尾道市立御調中央小学校74セット

 人権の花(ヒヤシンス)水栽培セットの贈呈式のあと、人権擁護委員が人権紙芝居「白い魚とサメの子」の読み聞かせや「勇気のお守り」のビデオ鑑賞をし、一人ひとりがかけがえのない存在であり、自分や友達、命を大切にしてほしいと伝えました。