ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ くらしの情報 人権・男女平等 人権 「いっしょに学ぼう!障害のある人の人権~パラリンピックへ向けて~」パネル展を開催しています。
トップページ くらしの情報 人権・男女平等 非核・平和 「いっしょに学ぼう!障害のある人の人権~パラリンピックへ向けて~」パネル展を開催しています。

「いっしょに学ぼう!障害のある人の人権~パラリンピックへ向けて~」パネル展を開催しています。

印刷用ページを表示する掲載日:2019年7月18日更新

「いっしょに学ぼう!障害のある人の人権~パラリンピックへ向けて~」パネル展を開催しています。

 展示様子写真1 展示様子写真2

 日本では、1年後に東京オリンピック・パラリンピック競技大会を迎えます。

 平成28年4月に、「障害者差別解消法」が施行され、障害のある人もない人も、互いに人格、個性を尊重し支え合う心のバリアフリーを推進することが必要です。

 パラリンピックの歴史やパラリンピックならではのスポーツの紹介等について解説したパネル展を通して、障害のある人の人権を中心に、改めて人権について考えてみませんか。

 

ご案内

展示会場展示会場住所期間時間

展示会場日程

 

尾道市役所

本庁舎1階ロビー

 

尾道市久保一丁目15-1

7月18日(木曜日)~

8月7日(水曜日)

8時30分~17時15分

(土曜・日曜を除く)

尾道市人権文化センター

1階市民ギャラリー

尾道市防地町26-24

8月26日(月曜日)~

9月25日(水曜日)

8時30分~17時15分

(日曜・祝日を除く)

※土曜は開館時間が異なる場合もありますので、事前にお問い合わせください。

料金:2会場とも無料

 

※企画:法務省人権擁護局、監修:根木慎志(一般社団法人日本パラリンピアンズ協会副会長、シドニーパラリンピック男子車椅子バスケットボール日本代表キャプテン)、制作:公益財団法人人権教育啓発推進センターの冊子をもとにパネル展示しています。