ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ くらしの情報 人権・男女平等 人権 平成29年度人権文化講演会(御調地区)を開催しました。
トップページ くらしの情報 子育て 子育て支援センター・児童館 平成29年度人権文化講演会(御調地区)を開催しました。

平成29年度人権文化講演会(御調地区)を開催しました。

印刷用ページを表示する掲載日:2018年2月27日更新

藤田孝典さんの講演会での様子     藤田孝典さんの講演の様子

講演会の様子

  

 

人権文化講演会を2月25日(土)13時30分から御調文化会館で開催しました。

 講師に聖学院大学客員准教授でNPO法人ほっとプラス代表理事の藤田孝典さんをお迎えし、「どうする老後?どうする子供の貧困・格差?」と題してお話をしていただきました。

 様々なデータを提示しながら、現在自身の行われている活動を通して感じ、また知っておられる、貧困の実情等についてお話しいただきました。
 最近よく「子供の貧困」といわれますが、それは親の貧困であり、地域で、社会での未来への投資が必要であること。
 さらに、年齢とともに上がる貧困率について3つの特徴があり、(1)収入がない(2)十分な貯蓄がない(3)頼れる人がいない、ことが問題であり、「受援力」(支援される側が支援する側の力を生かし、役立てる能力)を持つことが必要で、それがあれば支援もしやすくなること。
 困っていることが発信でき、また声をかけることのできる状況を作っていくこと、「関係性の貧困」をなくすことが必要であるといったことをお話しいただきました。

 お話を聞かれた方からは「貧困なんて…と思っていたが自分も将来は…と思うと、いいお話を聞けました。」「日本の貧困率の高さに驚き、地域で支えていくことの重要性を感じた」といった感想が寄せられ、子供たちの人権や、また貧困問題について身近なことであると考えられる講演会になりました。