ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ くらしの情報 人権・男女平等 人権 平成28年度御調地区人権文化講演会が開催されました。

平成28年度御調地区人権文化講演会が開催されました。

印刷用ページを表示する掲載日:2017年2月6日更新

   柴田紘一郎さんガ講演の様子 1枚目     柴田紘一郎さんの講演中の写真 2枚目

   人権文化講演会(1)                                          人権文化講演会(2)

 

   柴田紘一郎さんの講演中の写真 3枚目

   人権文化講演会(3)

 人権文化講演会が10月29日(土)13時30分から御調文化会館で開催されました。

 

 講師にシンガーソングライターさだまさしさんが作られた「風に立つライオン」のモデルとなった宮崎県宮崎市在住の医師 柴田紘一郎さんをお迎えして「風に立つライオンと私 -命の意味-」と題してお話をしていただきました。

 柴田さんは、子どもの時に紙芝居で見た「少年ケニア」や「シュバイツアー」にあこがれ、医師となった31歳の時にアフリカへ医療支援活動に行くことが出来ました。
 

 外科医としてアフリカでの医療支援活動、帰国してからの医療活動をとおして「医者は、患者の希望を奪ってはいけない」ことを知った。患者は、希望を持つことで「命の意味」や「全てのことに意味がある」ことを知ることが出来る。

 白か黒かや善か悪かの対立構造で物事をとらえるのではなく、もっと寛容になることが必要など、今を生きる私たちにとても参考になるお話をしていただきました。


 お話を聞かれた方からは「命について考えることが出来ました」「生まれたことに感謝」「許す心、大切ですね」などの感想がありました。