ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ くらしの情報 人権・男女平等 人権 第31回「いのち・愛・おのみち」人権講演会を開催しました。
トップページ くらしの情報 人権・男女平等 男女共同参画(男女平等) 第31回「いのち・愛・おのみち」人権講演会を開催しました。

第31回「いのち・愛・おのみち」人権講演会を開催しました。

印刷用ページを表示する掲載日:2018年12月10日更新

 世界人権宣言は、昭和23年(1948年)12月10日、国連で採択されました。我が国では、毎年12月4日から10日までを「人権週間」と定めて、全国的に人権意識の高揚を図るための啓発活動を展開しています。
  尾道市においても、市民一人ひとりに人権尊重の理念を普及し、それに対する市民の理解を深めることを目的として、今年度も「いのち・愛・おのみち」人権講演会を開催しました。
(12月1日講演会開催)

 また、講演会に先立ち、13時から尾道人権擁護委員協議会により、第38回全国中学生人権作文コンテスト尾道地区大会入賞者表彰式を行い、優秀賞の生徒には作文の朗読をしていただきました。

 表彰式様子写真1  作文を朗読する長江中学校3年藤井太壱さん(優秀賞受賞)

 

 講演会様子写真1  講演会様子写真2

 13時30分からは人権講演会として、元TBSアナウンサーで現在はタレント・エッセイストとして活躍中の小島慶子さんに、「絶体絶命は打ち出の小槌~人生のターニングポイント、ピンチこそ私のチャンス~」と題してご講演いただきました。

 小島さんの人生での様々な体験により、ピンチを迎えても自分なりに乗り越えられたお話を聞き、経験したすべてのことに無駄はないと改めて気付かされました。

 講演会に参加された方から、「生き方の多様性、他者理解の大切さを感じた。」「人生にはマイナスのことを経験するのも大切だと思った。いろいろなことに気付かせてもらえて、結局はプラスになるから。」等、多くの感想が寄せられ、魅力あふれる小島さんの生き方に学びの多い講演会となりました。