ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

マイナンバーとマイナポータル

印刷用ページを表示する掲載日:2017年12月19日更新

マイナンバーロゴマーク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マイナンバー

マイナンバー(個人番号)とは、住民票を有するすべての人が持つ12桁の番号です。

マイナンバー制度

社会保障、税、災害対策の分野で情報を管理し、いろいろな機関にある個人の情報が同じ人の情報であることを確認するための制度です。

国の機関や他の市町村等との情報連携が可能になり、行政事務の効率化が図られます。
また、各種申請時の住民票などの添付書類が不要となったり、手続きの時間が短縮されるなど利便性の向上が期待されています。

 

マイナンバー・マイナンバー制度について詳しくは内閣府ホームページ「マイナンバー(社会保障・税番号制度)」<外部リンク>をご覧ください。

マイナンバー制度のスケジュール

平成27年10月~

  • 番号通知

皆さんのマイナンバー(個人番号)をお知らせする「通知カード」を送付しました。

 

平成28年1月~

  • マイナンバーカード発行

マイナンバーカードは申請によって作成されます。

マイナンバーカードについては「マイナンバーカード(個人番号カード)」のページをご覧ください。

 

  • マイナンバー(個人番号)の利用開始

 

平成29年11月~

  • 情報連携

情報連携の本格運用が始まりました。

マイナンバー制度における情報連携とは、マイナンバー法に基づき、専用のネットワークシステムを用いて、異なる行政機関等の間でマイナンバーから生成された符号をもとに特定個人情報(※)をやり取りすることです。

※特定個人情報とは、個人番号や個人番号に対応する符号をその内容に含む個人情報のことです。

 

マイナポータル(個人番号の利用が確認できる個人用ウェブサイト)の本格運用が始まりました。

 

マイナポータル

マイナポータルは、政府が運営するオンラインサービスです。

子育てに関する行政手続きがワンストップでできたり、行政からのお知らせが自動的に届いたりします。

 

ご利用については「マイナポータルウェブサイト<外部リンク>」をご覧ください。

 


マイナンバーに関するお問い合わせ先

内閣府ホームページ「マイナンバー(社会保障・税番号制度)」<外部リンク>をご覧ください。