ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ くらしの情報 ごみ・環境・害虫 ごみ・リサイクル 包丁・カミソリ・ライターは、容器包装プラスチックではありません

包丁・カミソリ・ライターは、容器包装プラスチックではありません

印刷用ページを表示する掲載日:2017年2月6日更新

「容器包装プラスチック」の袋の中に入っていた危険な異物

「容器包装プラスチック」の袋の中に入っていた危険な異物2

 「容器包装プラスチック」選別の様子
 

 

 

 

 

 

 

 

「容器包装プラスチック」の中に、包丁・カミソリ・ライター・注射針など危険な異物が混ざっていることがあります。

ステーションから集められた「容器包装プラスチック」は、容器包装プラスチック処理施設において、機械・作業員により破袋・選別作業を行なった後、再資源化工場へ搬出されます。異物が混ざっていると、リサイクルの支障となるだけでなく、作業中に作業員がケガをする危険があります。

  • 「包丁」や「カミソリ」は、刃物の部分を紙でくるんで「もやせないごみ」の日に出してください
  • 「ライター」は別袋に入れて「もやせないごみ」の日に出してください。
  • 「注射針」はクリーンセンターでは処理できません。医療機関へお返しください。

関連リンク

関連書類

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)