ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

不法投棄は犯罪です

印刷用ページを表示する掲載日:2017年2月6日更新

不法投棄状況

不法投棄は犯罪です。

不法投棄とは

 不法投棄とは、道路や山、ほかの人の土地へごみを捨てることです。空き缶やペットボトル、タバコの吸殻をポイ捨てすることも「不法投棄」です。ごみを山林や人目につきにくい場所へ不法投棄する例は後を絶ちません。
 不法投棄による環境の悪化・公衆衛生の阻害は大きな社会問題です。

不法投棄に対する監視

 広島県・尾道市による「不法投棄監視パトロール」
 地区公衛協・環境指導員による「不法投棄監視パトロール」「不法投棄防止キャンペーン」
 警察によるパトロールにより、官民一体となって不法投棄を監視しています。
 検挙された場合は懲役刑・罰金刑に課されます。

不法投棄の罰則

不法投棄をした人は次のとおり罰せられます。 
不法投棄をした者…5年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金またはその併科(廃棄物の処理及び清掃に関する法律第25条第1項第14号及び第2項)
法人の業務に関して不法投棄をした者…法人に対して3億円以下の罰金(廃棄物の処理及び清掃に関する法律第32条第1項)
不法投棄を目的として廃棄物を収集または運搬した者…3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金またはその併科(廃棄物の処理及び清掃に関する法律第26条第6項)

不法投棄対策

 不法投棄されやすい土地の所有者・管理者の方は、柵・看板等の設置により、不法投棄されないような対策を施しましょう。