ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

熱中症に気を付けよう!

印刷用ページを表示する掲載日:2017年8月3日更新

気温の高い日が続き、熱中症で救急搬送される人が増加しています。

熱中症は、暑さを感じにくく体温調節や発汗機能が低下している高齢者や、

体温調節の機能が未発達で地面の反射熱の影響を受けやすい子どもは特に注意が必要です。

こまめな水分・塩分補給、扇風機やエアコンの利用、外出時の暑さ対策をしましょう!

詳しくは厚生労働省の熱中症予防リーフレットをご覧ください。

 

厚生労働省 熱中症予防リーフレット [PDFファイル/765KB]

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)