ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ くらしの情報 救急・医療・健康 救急・医療 尾道市では平成22年4月に「尾道市地域医療を守る条例」を制定しています
トップページ くらしの情報 救急・医療・健康 健康づくり 尾道市では平成22年4月に「尾道市地域医療を守る条例」を制定しています

尾道市では平成22年4月に「尾道市地域医療を守る条例」を制定しています

印刷用ページを表示する掲載日:2017年9月1日更新

 

 新医師臨床研修制度などの影響により、全国的に医師確保が困難な中で、

「コンビニ受診(軽症患者の安易な救急外来等の受診)」、「モンスターペーシェエント」などの

増加により医師の疲弊が顕在化してきています。

 本市においては、医療機関を中心とした福祉・介護・保健関係者が連携して

市民を支えるシステムが構築されているが、専門医の不足や、コンビニ受診の増加により

救急医療に少なからぬ影響が出始めています。

 市民・市・医療機関がそれぞれに努力目標(役割)を課し、地域全体で医療問題等に対する

意識を高め、持続可能な地域医療体制を構築することにより、安心のまちづくりを進めていきます。

 

健康文化の創造と確立を目指します。

 

 尾道市の地域医療を守る条例について [PDFファイル/111KB]

 

 尾道市地域医療を守る条例 [PDFファイル/128KB]

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)