ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ くらしの情報 救急・医療・健康 健康づくり 【広島県麻薬・覚醒剤乱用防止運動月間】

【広島県麻薬・覚醒剤乱用防止運動月間】

印刷用ページを表示する掲載日:2017年10月1日更新

麻薬・覚醒剤・危険ドラッグ等の乱用を根絶しましょう!

10月・11月は「麻薬・覚醒剤乱用防止運動月間」です。
 

 

 麻薬・覚醒剤・危険ドラッグ等の乱用は、乱用者自身の心身をむしばむばかりでなく、

 各種の犯罪・事件・事故を引き起こし、社会にも大きな不安を与えています。

 特に、覚醒剤の乱用は、一般県民にまで拡大するのみならず、低年齢化傾向を示し、

 大きな社会問題になっています。

 最近では、危険ドラッグは、使用者の二次的な犯罪、交通死亡事故や健康被害事例が多発し、

 社会問題となっていたが、取締り強化により販売店舗は全滅しました。

 しかし、インターネットやデリバリーによる販売等、憂慮すべき状況にあります。

 「危険ドラッグ」はたとえ「合法」であると称していても、「麻薬や覚醒剤とは違うから」と言われても、

 麻薬や覚醒剤と同等またはそれ以上の健康被害のおそれがあります。

 麻薬・覚醒剤・危険ドラッグ等の乱用を防止するには、その乱用による恐ろしさを正しく認識して、

 県民一人ひとりが不正な薬物に「近づかない」、「近づけない」ことが何より大切です。

 みんなで、麻薬・覚醒剤・危険ドラッグ等の乱用を根絶しましょう!

       

 ・広島県ホームページ

 

 ・問い合わせ先   広島県東部保健所 生活衛生課 環境薬事係 (電話:0848-25-4643)