ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 政策企画課 尾道市地域おこし協力隊員を募集します

尾道市地域おこし協力隊員を募集します

印刷用ページを表示する掲載日:2019年4月12日更新
協力隊募集案内画像

募集要項

概要

 尾道市は、広島県の東南部に位置し、緑豊かな北部丘陵地域、沿岸部の中心市街地のある地域、独特の多島美を有する瀬戸内海地域で構成される面積285.11平方キロメートル、人口約14万人のまちです。
 主な交通網として、東西に延びる山陽自動車道、JR山陽新幹線、JR山陽本線、南北を結ぶ瀬戸内しまなみ海道及び中国やまなみ街道があり、瀬戸内の十字路として高い拠点性を持っています。
 今回募集する地域おこし協力隊員の活動場所となるのは、尾道市瀬戸田町です。
 瀬戸田町は瀬戸内しまなみ海道の通る生口島にある町で、日本一のレモンの生産地であり近年では多くのサイクリストで賑わっています。
 この瀬戸田町の地域おこしに積極的に取り組んでいただける地域おこし協力隊員を募集します。
 意欲のある人のご応募をお待ちしております。

募集人員及び活動地域

(1)地域おこし協力隊員 1名
(2)活動地域 瀬戸田町内

活動内容

【基本事項】
○地域の活性化に係る活動
 ・地域住民の交流などコミュニティづくりの支援
 ・住民や地域団体等が実施する地域行事等への支援
 ・その他、地域の活性化につながる活動への参加
【具体的な活動内容】
○「地域資源」を活用した地域経済の活性化につながる活動
 例)商品開発・販路拡大につながる活動
○「地域課題」について、地域の人たちと一緒に取組む活動
 例)商店街を中心としたまちなかの活性化に向けた活動や柑橘産業の担い手育成につながる活動
○広島県立瀬戸田高等学校活性化への支援
 例)広報等PR活動、しまおこし事業部の活動への参加
○瀬戸田町の広報活動
 ・ブログやSNS等の各種情報ツールを活かした地域の情報発信活動
 ・その他、地域資源活用やPR活動など
地域おこし協力隊の募集内容

応募要件

次の(1)~(9)のすべての条件を満たす人
(1)平成31年4月1日時点で概ね20歳以上の人
(2)申込時、三大都市圏を始めとする都市地域等(過疎、山村、離島、半島などの地域に該当しない市町村)に居住しており、任用後活動地域に移住し、住民票を異動できる人
 (※「都市地域等」の範囲は、お問い合わせください)
(3)普通自動車運転免許を取得し、実際の運転に支障のない人
(4)パソコン(エクセル、ワード等)の基本操作ができる人
(5)SNS(Facebookなど)の基本操作、情報更新ができる人
(6)活動地域での起業・就労に意欲があり、将来の定住を希望する人
(7)心身ともに健康で、地域活動に意欲と熱意を有し、かつ、地域住民と協力しながら積極的に活動できる人
(8)土日及び祝日の行事参加や夜間の会合など、不規則な勤務に対応できる人
(9)地方公務員法第16条に規定する欠格条項に該当しない人

勤務場所

 瀬戸田支所しまおこし課(尾道市瀬戸田町鹿田原1番9号)に所属し、必要に応じて地域内で活動していただきます。

雇用形態及び期間

(1)尾道市地域おこし協力隊員の身分は、地方公務員法第17条第1項に規定する非常勤の一般職となります。
(2)任用期間は、任用日(平成31年(2019年)7月1日予定)から平成32年(2020年)3月31日までとします。ただし、活動状況により最長3年を限度に再任する場合があります。

勤務日・勤務時間等

(1)勤務日は毎週月曜日から金曜日までとし、国民の祝日に関する法律に規定する休日と12月29日から翌年1月3日までの日を休日とします。
(2)勤務時間は午前8時30分から午後3時49分までの間で、1週間の勤務時間が29時間5分を超えない範囲で割り振ります。
(3)有給休暇(任用の日に3日付与され、その後は勤務時間に応じた日数を付与)等各種休暇制度があります。

報酬

 月額200,000円
 ※社会保険料等の本人負担分が差し引かれます。

待遇及び福利厚生

(1)尾道市の嘱託職員として、健康保険、厚生年金及び雇用保険に加入します。万一の事故の際には公務災害補償費で対応します。
(2)任期期間中の住居は、家賃3分の2(上限3万円)を補助します。また、住居用光通信回線の設置費用、月額利用料の実費を補助します。
 ただし、転居に係る費用、生活用備品、光熱水費等生活に必要な費用は、個人負担とします。
(3)事務所で使用するパソコンを貸与します。
(4)活動時は、市の公用車を使用します。
(5)その他活動に要する経費(消耗品費、研修参加費用等)については、尾道市地域おこし協力隊員活動補助金交付要綱に基づき、市が支給します。

兼業について

 兼業許可申請を提出し、許可を受けた場合は可能です。
 ただし、職務専念義務、守秘義務を果たした上で地域おこし協力隊員の活動時間と合わせて週40時間までとします。また、勤務時間内での兼業はできません。

応募手続

1.応募書類の提出
 (1)次のア~ウについて、(2)の提出先に提出してください。
   ア 履歴書(市販のもの)1部
   イ レポート(1,000字程度、A4サイズ、書式自由、パソコン作成可)1部
    【テーマ】「本市で取り組みたい活動内容や定住、起業等に関する考えについて」
    ※これまで培った技術や経験を踏まえて作成してください。
   ウ 住民票記載事項証明書(住民票の写し)1部(コピー不可)
 (2)提出先(郵送または持参してください)
   尾道市役所企画財政部政策企画課協働統計係
   〒722-8501 尾道市久保一丁目15番1号
 (3)応募書類受付期間
   平成31年(2019年)年4月15日(月曜日)~5月15日(水曜日)午後5時必着
 ※提出いただいた応募書類は返却しません。予めご了承ください。

選考方法

(1)面接試験
  5月19日(日曜日)に尾道市において面接試験を行います。
  ※面接試験に伴う交通費等の経費は、応募者の負担となります。
(2)選考結果の通知
  書類審査及び面接試験により選考し、5月下旬に受験者全員に結果を文書で通知します。
※選考の経過及び結果に関するお問い合わせには応じられません。

現地確認等について

 活動する瀬戸田町の現地案内を希望される場合は、随時受け付けます。ただし、必ず事前にご相談ください。
(現地までの交通費等の経費は、申込者の負担となります。)

住居について

 活動当初の住居については、市において手配します。ただし、契約は申込者の個人名義とし、家賃の1/3、転居に係る費用、生活用備品、光熱水費等生活に必要な費用は、個人負担となります。
 また、勤務場所まで距離がありますので、自動車または原動機付自転車等の交通手段を用意することをお勧めします。
※住居は強制ではありません。別途個人で手配した住居に居住することが可能です。

募集要項・募集チラシ

問い合わせ先

郵便番号:722-8501
住  所:広島県尾道市久保一丁目15番1号
担当部署:尾道市企画財政部政策企画課協働統計係
電話番号:0848-38-9435(直通)
FAX番号 :0848-37-2740
E-mail :kikaku@city.onomichi.hiroshima.jp

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)