ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

新市建設計画

印刷用ページを表示する掲載日:2017年2月6日更新

 本市では、合併後の新市のまちづくりを総合的かつ効果的に推進し、速やかな一体性の確立と住民福祉の向上を図り、新市の均衡ある発展に資するため、「尾道市・御調町・向島町新市建設計画」、「尾道市・因島市新市建設計画」及び「尾道市・瀬戸田町新市建設計画」を策定し、まちづくりの基本方針と具体的な施策の方針を定めています。

1. 平成24年3月21日に各新市建設計画の一部を次のとおり変更しています。

  • 大学施設整備事業及び市民病院整備事業を新市建設計画に追加
  • 保育所及び学校施設へ「認定こども園」を明記
  • 幼・小・中学校施設整備に関する事業を「学校施設整備事業」と記述

2. 平成26年9月24日に各新市建設計画の一部を次のとおり変更しています。

  • 次の事業を新市建設計画に追加
    本庁舎整備事業、百島支所整備事業、御調支所整備事業、因島総合支所整備事業、大規模舗装整備事業、橋梁長寿命化事業、油屋新開ポンプ整備事業、因瀬クリーンセンター整備事業
  • 新市建設計画の計画期間を5年間延長
    (尾道市・御調町・向島町新市建設計画…平成31年度まで)
    (尾道市・因島市新市建設計画…平成32年度まで)
    (尾道市・瀬戸田町新市建設計画…平成32年度まで)
  • 消防施設整備事業へ「消防団器具庫の整備」を明記
  • 一般廃棄物処理施設建設事業に「尾道市クリーンセンターの整備」を明記
  • 財政計画の変更

 ※内容については、関連書類をご覧ください。データ容量が大きいので閲覧時にはご注意ください。
 ※個別の事業内容に関するお問い合わせについては、事業所管課を紹介させていただきます。

関連書類

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)