ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 市政情報 まちづくり 総合計画 過疎地域自立促進計画について

過疎地域自立促進計画について

印刷用ページを表示する掲載日:2017年2月6日更新

 尾道市では、これまで、「過疎地域自立促進計画(以下、「過疎計画」)」を策定し、過疎地域の自立促進を推進してきました。
 根拠法となる過疎地域自立促進特別措置法の有効期限が、平成32年度まで延長されたことを受け、平成28年度から平成32年度までの5年間を計画期間とする、新たな過疎計画を策定しました。これからも、過疎地域の自立促進に必要な事業を総合的かつ計画的に実施していきます。

  • 計画期間は、平成28年4月1日から平成33年3月31日までの5年間です。
  •  尾道市では、御調町および瀬戸田町が過疎地域に指定されています。
  • 平成29年6月に計画を変更しています。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)