ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ くらしの情報 福祉 社会援護 尾道市DV防止キャラクター「キーパンジー」

尾道市DV防止キャラクター「キーパンジー」

印刷用ページを表示する掲載日:2018年2月27日更新

尾道市DV防止キャラクターを制作しました

キーパンジー

 

DV(ドメスティック・バイオレンス)やデートDVについて、みなさんに分かりやすくお伝えするため、DV防止キャラクターを制作しました。

名前は、「キーパンジー」です。

胸には、女性に対する暴力の根絶を訴える運動のシンボルである「パープルリボン」をつけています。
これから、チラシやステッカー等、いろいろなところで活躍していきます。

みなさん、どうぞよろしくお願いします!

 

キーパンジーの紹介

 私たちヒトにもっとも近いといわれ、家族や仲間をとても大切にする「チンパンジー」。
 そして守備、守ってくれる「キーパー」を掛け合わせて、「キーパンジー」が誕生しました。
 
 愛らしい姿ながらも、みんなをDV被害から守ってくれる頼もしい存在となるキャラクターイメージです。
 


 特徴

  •  胸にはパープルリボンをつけている。
  •  好きな色はパープル(女性に対する暴力の根絶を訴える運動のシンボルカラー)
  •  「これはDVかも!?」というときには、キーパーからレフリーに変身することもある。
  •  警告が必要なときは、笛を吹いてイエローカードならぬパープルカードを出す。
  •  スマホを使いこなし、大きな耳でみんなの悩みを聞いてくれる。

 作者

   尾道市立大学芸術文化学部美術学科 下元 綾華さん