ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ くらしの情報 福祉 障害福祉 重度心身障害者・障害児医療費助成

重度心身障害者・障害児医療費助成

印刷用ページを表示する掲載日:2017年2月6日更新

重度心身障害者・児童に対して医療費の一部を補助し、障害者の保健の向上と福祉の増進を図ることを目的とした制度です。

対象者

 市内に住所を有し、本人、配偶者、扶養義務者の前年所得が基準額未満で健康保険に加入し、次のいずれかに該当する人

  • 身体障害者手帳1級~3級を所持している人
  • 療育手帳マルA、A、マルBを所持している人

※65歳以上の人は、後期高齢者医療保険制度への加入が必須です。(療育手帳マルBを所持する人は除きます)

一部負担金等自己負担額(病院でお支払いただく金額)

  • 保険医療機関を利用する場合:1日200円
  • 訪問看護:訪問看護事業者ごと:1日200円
  • 柔道整腹、はり・灸・あん摩・マッサージ:施術所ごと:1日200円

注意事項

  • 同一の医療機関での1か月における窓口支払いは、入院月14日まで、通院月4日までを上限とし、以後負担はありません。
  • 同じ医療機関における複数診療科の受診の場合:医科診療で1日200円。歯科診療で1日200円です。
  • 保険診療にかかる医療費の自己負担額が200円に満たない場合、その額が一部負担金の支払い額となります。
  • 院外処方の場合の保険薬局での一部負担金、治療用装具(コルセット等)については一部負担金はありません。
  • 食事療養費や個室料金・文書料金などは、対象となりません。

受給者証交付申請に必要なもの

  • 身体障害者手帳または療育手帳
  • 健康保険証
  • 印鑑(スタンプ印は不可)
  • 所得課税証明書(所得・控除・扶養人数の記載のあるもの 1月2日以降に尾道市に転入された人は、1月1日の住所地の市町村長の発行する証明書が必要です)

更新の手続き

現在受給している人は更新の手続きは不要です。

広島県外の医療機関で受診した場合

県外の医療機関では使用することはできません。
県外の医療機関での診療分については、後日、市から医療費を返還することができますので申請してください。

医療費支給申請に必要なもの

  • 重度障害者医療費受給者証
  • 健康保険証
  • 請求書兼領収書
  • 本人名義の預金通帳
  • 印鑑(スタンプ印は不可)

 

 本人確認等について

   
  個人番号を記載した関係書類を提出する際は、番号法に基づく本人確認(番号確認+身元確認)を行いますので、個人番号カード等を提示してください。必要な書類の代表例は次のとおりです。詳細については、このページの最後にある関連書類をご確認ください。 
     
 番号確認書類・身元確認書類の代表例
           番号確認                                          身元確認
  次の書類のうち 次の書類のうちいずれか1つ
  いずれか1つ (1) 個人番号カード(※)
   (2) 運転免許証、運転経歴証明書、パスポート、身体障害者手帳、
  (1) 個人番号カード   精神障害者保健福祉手帳、療養手帳、在留カード、特別永住者
    (※)   証明書
   (3) 個人番号利用実施者が適当と認める書類(写真付
  (2) 通知カード   き学生証、写真付き身分証明書、写真付き社員証、写真付き資
     格証明書、戦傷病者手帳
  (3) 個人番号が記載  
    された住民票の写し (4) 公的医療保険の被保険者証、年金手帳、児童扶養手当証書、特
     別児童扶養手当証書
   
   上記書類の提示が困難な場合は、次の書類のうちいずれか2つ
    個人番号利用事務実施者が適当と認める書類(写真のない学生
    証、写真のない身分証明書、写真のない社員証、写真のない資格
    証明書、地方税・国税・社会保険料・公共料金の領収書、納税
    証明書、印鑑登録証明書、戸籍の附票の写し、住民票の写し、
    住民票記載事項証明書、母子健康手帳、特別徴収税額通知書、
    納税通知書、源泉徴収票など)
 ※個人番号カードは、番号確認と身元確認の両方ができますので、別に身元確認書類を提示する必要はありません。
  
 〇郵送で申告・申請される場合は、本人確認(番号確認+身元確認)できる書類等の写しを同封してください。
 〇代理の方が申請される場合は、次の3つの確認を行います。詳細については、このページの最後にある関連書類をご確認ください。
  (1) 本人(委任者)の番号確認(個人番号カード、通知カード、住民票(個人番号あり)
    等による。写し可。)
  (2) 代理権の確認(任意代理人の場合は委任状、法定代理人の場合は戸籍謄本やその資格
    を証明する書類による。)
  (3) 代理人の身元確認