ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ くらしの情報 福祉 社会援護 戦没者等の遺族に対する特別弔慰金

戦没者等の遺族に対する特別弔慰金

印刷用ページを表示する掲載日:2017年2月6日更新

戦没者等のご遺族のみなさまへ 第10回特別弔慰金が支給されます

先の大戦において公務などのため国に殉じた軍人,軍属及び準軍属の方々に思いをいたし,戦後70周年(平成27年)という特別な機会をとらえ、国としてあらためて弔慰の意を表するため,戦没者のご遺族に特別弔慰金(記名国債)を支給するものです。

対象者

 平成27年4月1日(基準日)に資格要件(生存されていること・日本国籍を有していること)がある戦没者等の死亡当時のご遺族で,基準日において,「恩給法による公務扶助料」や「戦傷病者戦没者遺族援護法による遺族年金」等を受給される方(戦没者等の妻,祖父母,父母等)がいない場合,法律で定められた支給順位の先順位者1名に支給されます。

支給順位

  1. 平成27年4月1日までに戦傷病者戦没者援護法による弔慰金の受給権を取得した方
  2. 戦没者等の子
  3. 戦没者等の(1)父母(2)孫(3)祖父母(4)兄弟姉妹 ※支給要件があり,ご遺族の状況(婚姻・養子縁組等)により順位が入れ替わります。
  4. 上記1から3以外の戦没者等の三親等内の親族(甥、姪等) ※戦没者等の死亡時まで引き続き1年以上の生計関係を有していた方に限ります。

請求期間

平成27年4月1日から平成30年4月2日までの3年間です。
※この期間を過ぎますと,第10回特別弔慰金の請求ができなくなりますのでご注意ください。

支給内容

額面25万円 5年償還の記名国債

※第10回特別弔慰金については,ご遺族に一層の弔意の意を表するため,年額の増額(4万円から5万円へ)をするとともに,償還期間の変更(10年から5年へ)が行われました。

 なお,平成32年4月1日を基準日とする特別弔慰金の請求受付は,平成32年4月1日から開始する予定です。

請求相談受付窓口

  • 本庁1F社会福祉課 
  • 因島総合支所因島福祉課 福祉係
  • 向島支所しまおこし課 福祉保険係 
  • 御調保健福祉センター 福祉保険係
  • 瀬戸田支所住民福祉課 福祉保険係

お問合せ

社会福祉課庶務係(電話:0848-38-9123)

必要なもの

前回の裁定通知書(ある場合)、請求者の印鑑、身分証明書(顔写真がない場合は2通)、個人番号が確認できる個人番号カードまたは通知書カード、戸籍抄本(必要な戸籍については請求受付時にご案内します。)など。
※必要書類は人によって異なります。書類をそろえるため、当日請求手続きが終わらない場合もありますので、ご了承ください。
※請求受付は原則、請求者(成年後見人等の場合も含む)が尾道市に住民票がある人になります。 
※平成28年1月1日から個人番号(マイナンバー)の記載が始まります。個人番号(マイナンバー)が確認できる個人番号カードか通知書カードと、本人確認ができる身分証明書(顔写真がない場合は2通)を持ってきてください。

請求手続きがお済みの方へ

 国庫債券の発行には、現在1年半以上かかっております。交付の準備が整い次第、案内通知を尾道市から送付いたしますので、それをお待ちください。
 請求権者が亡くなった場合は民法上の相続としてご遺族の受け取りになります。
 転居・転出があった場合は、住民票の届け出先に通知を送付いたします。

その他、お問い合わせ等ございましたら、社会福祉課庶務係までご連絡ください。