ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

地産地消ツアーを実施しました。

印刷用ページを表示する掲載日:2017年2月6日更新

平成25年9月14日(土曜日)、おのみちスローフードまちづくり推進協議会の主催で、「地産地消ツアー ~生産量日本一のイチジク(蓬莱柿)を知ろう~ が実施されました。
イチジクの選果場見学や生産者のほ場での収穫・選別作業、ジャム作りが行われました。

生産者の指導の下、イチジク収穫中。
生産者の指導の下、イチジク収穫中

保健推進員さんより、丁寧にジャムの作り方を教えていただきました。
保健推進員さんより、丁寧にジャムの作り方を教えていただきました。

JA職員より、選果場で選果についての説明を聞きました。
JA職員より、選果場で選果についての説明を聞きました

収穫したイチジクの選別作業中。
収穫したイチジクの選別作業中。

イチジクジャムの完成間近です。
イチジクジャムの完成間近です

尾道市を代表する農産物である「イチジク(蓬莱柿)」を知っていただくため、地産地消ツアーを実施しました。
参加者は朝9時に集合し、JA尾道市の選果場でイチジクの選果に関する説明を聞き、選果基準や品質管理の重要性を学びました。
次にバスで高須と浦崎の生産者のほ場に行き、生産者の指導の下、イチジクの収穫と選別を行いました。イチジクをつぶさないように気をつけながら、たくさんのイチジクを収穫しました。
午後からは、尾道市農村環境改善センターでイチジクのジャムづくりを行いました。イチジクを煮詰める時に、種が飛んでくるなどして熱い思いをしましたが、苦労したかいがあり、とてもおいしいイチジクジャムができあがりました。
ツアー後、イチジクの出荷までの一連の行程や、品質の良いイチジクを出荷するための管理等を知ることができて良かった、という感想を聞くことができました。