ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

各種稚魚稚貝放流事業

印刷用ページを表示する掲載日:2017年2月6日更新

放流事業について

放流カゴを使ったキジハタ放流
放流カゴを使ったキジハタ放流

キジハタ稚魚の隠れ家(放流用ユニット設置)
キジハタ稚魚の隠れ家(放流用ユニット設置)

市では、水産資源の増大及び漁家経営の安定を目的として、関係漁協が協力して放流事業を実施しています。 カサゴ放流
カサゴ放流

抱卵タコとタコ壺をセットにして放流
抱卵タコとタコ壺をセットにして放流

放流カゴを使ったクルマエビの放流
放流カゴを使ったクルマエビの放流

これまでの放流実績

  • 平成26年度(ヒラメ、メバル、キジハタ、ギザミ、クルマエビ、ヨシエビ、抱卵タコなど)
  • 平成25年度(ヒラメ、カサゴ、キジハタ、ギザミ、オニオコゼ、クルマエビ、抱卵タコなど)
  • 平成24年度(ヒラメ、カサゴ、キジハタ、ギザミ、クルマエビ、ヨシエビ、抱卵タコなど)
  • 平成23年度(ヒラメ、カサゴ、キジハタ、ギザミ、クルマエビ、ヨシエビ、抱卵タコなど)
  • 平成22年度(ヒラメ、ガザミ、クルマエビ、抱卵タコ、キジハタなど)
  • 平成21年度(トラフグ、ギザミ、メバル、カサゴ、ヒラメ、抱卵タコ、クルマエビ、ガザミなど)
  • 平成20年度(ガザミ、クルマエビ、ヨシエビ、抱卵タコ、ヒラメ、カサゴ、キジハタなど)
  • 平成19年度(ヒラメ、ガザミ、クルマエビ、トラフグ、抱卵タコ、キジハタなど)