ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ しごとの情報 産業振興 農業 尾道市市民農園の利用

尾道市市民農園の利用

印刷用ページを表示する掲載日:2017年2月6日更新

尾道市市民農園について

 市では、野菜や花の栽培を通じて自然と農業に親しんでいただくため、市民農園を開設しています。
農業体験を通して心身をリフレッシュしたり、地域との交流の場としてご活用ください。利用者を対象として講習会も開催しますので、初心者の方も安心してご利用いただけます。

農園を利用できる人

市内在住で、農地を持っていない人。
1世帯につき、いずれかの農園1区画のみ利用できます。

利用料

1年度につき2,500円(平成26年4月から)

利用の申し込み

区画に空きが生じたときは、市の広報誌「広報おのみち」で利用者を募集します。
そのさい、申込書を農林水産課(本庁6階)および各支所に用意します。また、申込者が多数の場合には、抽選となることがあります。
詳しくは、農林水産課までお問い合わせください。

農園の利用にあたって

  1. 栽培できる農作物は、野菜、草花等とし、永年性の樹木(果樹含む)は栽培できません。
  2. 転貸、営利行為は禁止します。
  3. ごみの持ち帰り、園内の美化にご協力ください。
  4. 雑草を生やしたまま放置するなど、ほかの利用者の迷惑になるようなことがあった場合は、使用許可を取り消します。

市民農園の概要

名称所在区画数面積駐車場トイレ
ふれあい市民農園にしふじ西藤町1309-210120平方メートルありあり
向島ふれあい農園田ノ頭向島町49162330平方メートルありなし(市役所向島支所等を利用)
向東ふれあい農園松ヶ峠向東町53205530平方メートルありなし(サンボル尾道等を利用)

関連書類

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)