ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ くらしの情報 生活・住まい 道路・河川・公園 道路、橋梁、河川等の災害復旧工事

道路、橋梁、河川等の災害復旧工事

印刷用ページを表示する掲載日:2017年2月7日更新

災害復旧工事とは、

 時間降雨量が一定規模(最大24時間80mm以上の降雨或いは、時間雨量が20mm以上)に達した場合に起きた災害を復旧する事業は、尾道市や周辺自治体分を含めて広島県から災害復旧事業を国へ要望されています。

 尾道市からの申請分は、国、県などの審査を経て、事業を行う国庫負担法に基づき災害復旧を認められた後に工事着手となります。 ただし、1箇所の工事の費用が県に係るものについては、120万円以上、市に係るものは60万円以上でなければなりません。

 また、直高1m未満の小堤、幅員2m未満の道路などは適用にならないため、災害復旧事業としては、申請できないため、これらの規模的に小さいもの、維持修繕的な工事については、尾道市が独自に工事を行うこととなります。