ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

森金江奥線道路改良事業

印刷用ページを表示する掲載日:2017年2月7日更新

森金江奥線の概要図
 

事業の概要

 森金江奥線は、向東町の市道役場西谷線を起点として、県道立花池田線を経由し、向島町で整備が完了しつつある市道田尻江奥線とを結ぶ道路で、平成17年度から事業を進めています。
計画幅員は車道7m5cmm(2車線)、歩道2m50cmです。

必要性

 森金江奥線は、国道317号線と向島循環線の南部を並行する路線で、向島支所と向東支所を接続する向島、向東を横断する新しい東西の交通軸です。

向東町を含めた向島島内の道路網は、国道317号線、県道立花池田線、歌道越線がその骨格となっています。そのため、周辺地域との連絡はそのほとんどが市街地内を通過せざるを得ません。

これを解消するためには,新しい東西軸が必要であり、森金江奥線を整備することにより、地域の連携強化だけでなく、土地利用の増進などによる地域発展も可能となります。

また県道立花池田線と接続することにより、東西だけでなく、南北の新しい交通軸ともなるものです。