ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

市道の路面凍結時の対応について

印刷用ページを表示する掲載日:2017年12月11日更新

 尾道市では、主要な市道で凍結の恐れがある所に「凍結防止剤」を設置しています。周辺住民の皆さまで、必要に応じてご自由にお使いください。
 また、地域の生活道路(公道)に「凍結防止剤」を散布したい場合は、次表の担当部署まで取りに来てください。(休日等も対応します。)
 ※路面凍結に備えて、冬用タイヤを装着しタイヤチェーンを携行しましょう。

凍結防止剤の取扱いについて

  1. 散布場所:市道・里道(私有地・農地には散布しないでください)
  2. 散布量:気温や積雪量、雪質等により大きく異なりますが、散布量の目安としては、1平方メートル当たり30~50グラム程度です。(30グラムは一握り程度)
    ※1袋で、約600平方メートル(200坪)散布できます。

取扱上の注意

  1. 皮膚に直接触れないようにゴム手袋など使用してください。皮膚に付着した場合は、水で洗い流してください。万一目に入った場合は、よく水で洗い流して専門医の診断を受けてください。
  2. アスファルト路面は、べたつきやすいので凍結が見込まれるとき以外は、散布を控えてください。また撒きすぎはスリップ事故、環境への悪影響を及ぼす可能性があります。
  3. コンクリート製の溝や蓋、縁石等への散布は、劣化を招きますので控えてください。
  4. 残った場合は、高温多湿を避け、よく縛って地区等で保管してください。

担当部署

地区担当部署名電話番号
下記以外の地区本庁維持修繕課0848-38-9273
御調町御調支所まちおこし課0848-38-2412
因島各町因島総合支所施設管理課0845-26-6203
瀬戸田町瀬戸田支所しまおこし課0845-27-2213