ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 市政情報 まちづくり 都市計画 都市計画図(用途地域・都市施設等)の閲覧

都市計画図(用途地域・都市施設等)の閲覧

印刷用ページを表示する掲載日:2017年2月6日更新

尾道市の都市計画について

  尾道市には、平成17年3月28日と平成18年1月10日の合併により、4つの都市計画区域がありましたが、広島県による都市計画区域の見直しにより、平成26年3月24日に4つの内2つの区域が1つに統合され、現在の都市計画区域は3つとなっています。

閲覧するときの留意事項

 次のことを留意のうえ、関連書類の都市計画総括図を閲覧してください。
 特に注意書きについては、都市計画総括図と変更した都市施設等であるため、まちづくり推進課に備え付けの縦覧図書をご確認ください。
  また、関連書類の「都市計画情報(用途地域図)利用条件について」もご確認のうえ利用してください。

備後圏都市計画区域(旧尾道市・旧向島町)

 [重要] 向島町江ノ奥地区における宅地造成工事規制区域の訂正について

 向島町江ノ奥地区において『宅地造成工事規制区域』から除外すべき範囲を総括図上に表示していませんでしたので訂正します。詳細な場所及び内容については、関連書類「[重要]宅地造成工事規制区域表示の一部訂正について(PDF)」をご覧ください。
 なお、関連書類「備後圏都市計画総括図(PDF)」は現在訂正中です。

 

  • 閲覧できる都市計画総括図は平成24年9月版です。
  • 旧尾道市と旧向島町は、昭和2年4月1日に都市計画区域として区域決定され、昭和48年3月27日に備後圏都市計画区域として、当時4市4町(尾道市・福山市・三原市・府中市・沼隈町・神辺町・向島町・新市町)により、区域区分の計画決定がされました。
  • 現在、本市における備後圏都市計画区域面積は7387haで、12種類の用途地域を定めています。
  • その他の地域地区として、高度利用地区、準防火地域、景観地区並びに臨港地区があります。

(注)平成24年9月以降に行われた変更は次のとおりです。

 都市計画道路の変更

  • 福山尾道三原線の変更(平成25年9月2日付け広島県告示)
  • 正徳福地線の決定(平成25年9月2日付け広島県告示)
  • 歌道越線の変更(平成25年9月2日付け広島県告示)

 これらの変更の詳細につきましては縦覧図書をご覧ください。

御調都市計画区域(旧御調町)

 旧御調町は、平成7年12月25日に御調都市計画区域として計画決定されました。本市における御調都市計画区域面積は2278haで、用途地域の定めはありません。

因島瀬戸田都市計画区域(旧因島市、旧瀬戸田町)

  • 平成26年3月24日に「因島都市計画区域」と「瀬戸田都市計画区域」が統合(変更)され「因島瀬戸田都市計画区域」となりました。
  • 変更は、(1)都市計画区域の統合に伴う名称の変更、(2)合併に伴う住居表示の変更、(3)表示方法の変更に伴う面積等の単位の変更です。
  • ただし、当面の間は、旧都市計画区域単位での総括図を引き続き使用することとしていますので、次の旧都市計画区域単位の説明を読み替えてご利用ください。

旧因島都市計画区域(旧因島市)

  • 閲覧できる都市計画総括図は平成18年8月作成版です。
  • 旧因島市は、昭和13年9月12日に因島都市計画区域として計画決定されました。本市における因島都市計画区域面積は3976haで、都市計画区域内の一部に6種類の用途地域を定めています。
  • その他の地域地区として、準防火地域並びに臨港地区があります。

(注)平成18年8月以降に行われた変更は次のとおりです。

  • 臨港地区の中浜港・重井港、土生港、生口港の変更(平成19年3月26日尾道市告示)
  • 都市計画道路の湊土井線・浜畑家老渡線の変更(平成21年12月7日広島県告示)
  • 都市計画道路の黒崎新開崎安郷線を変更(平成23年12月26日付け広島県告示)
  • 都市計画区域を変更(平成26年3月24日広島県公告)

正誤表(因島都市計画総括図)

【誤】【正】

 

天鷺絨ヶ原天鵞絨ヶ原
蘇功蘓功

旧瀬戸田都市計画区域(旧瀬戸田町)

  • 閲覧できる都市計画総括図は平成24年7月作成版です。
  • 旧瀬戸田町は、昭和29年5月19日に瀬戸田都市計画区域として計画決定されました。本市における瀬戸田都市計画区域面積は3276haで、都市計画区域内の一部に5種類の用途地域を定めています。

(注)平成24年7月以降に行われた変更は次のとおりです。

  • 都市計画区域を変更(平成26年3月24日広島県公告)

関連リンク

関連書類

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)