ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 下水道課 尾道市公共下水道の事業計画を見直しました

尾道市公共下水道の事業計画を見直しました

印刷用ページを表示する掲載日:2017年2月6日更新

尾道市公共下水道の計画について

 尾道処理区では、生活環境の向上と川や海の清浄化を目的として、市街地の一般家庭や事業所等から発生する下水を排除・処理するため公共下水道計画を策定しました。
 1983(昭和58)年度から高須・山波・久保・土堂地域について、汚水管の工事に着手し、1985(昭和60)年度には浄化センター(終末処理場)の建設にも着手、1989(平成元)年度より順次供用を開始しています。

1.尾道市公共下水道事業計画を変更(第8回)しました。(平成24年10月16日)

主な事業内容

全体計画
  • 処理区域面積
    1,881.4ヘクタール
  • 計画処理人口
    69,400人

事業計画

  • 処理区域面積
    407.5ヘクタール
  • 計画処理人口
    18,300人

2.公共下水道の整備区域を見直しています。

住民サービスの向上・下水道経営の健全化を目指し、公共下水道の整備計画を見直しています。

第6回変更(平成22年8月10日)

汚水対策
  • 整備を優先する区域
    天満町の一部
  • 整備を凍結する区域
    高須町大田・山波町浜・浜田・本谷・中・東谷・越面・尾崎本町の一部の削除
雨水対策
  • 栗原雨水幹線・栗原ポンプ場の追加

第7回変更(平成24年1月19日)

汚水対策
  • 整備を優先する区域
    平原台・竜王台・東新涯の追加
雨水対策
  • 平原幹線・東新涯幹線・高西東新涯ポンプ場の追加

第8回変更(平成24年10月16日)

汚水対策
  • 尾道市御調町の特定環境保全公共下水道事業計画とあわせ、発生する汚泥処理を広島県芦田川流域下水道芦田川浄化センター内での固形燃料化へ変更
雨水対策
  • 変更なし

関連書類

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)