ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ くらしの情報 生活・住まい 下水道 下水道事業において排水設備を設置しなければ受益者負担金は払わなくてもよいか?

下水道事業において排水設備を設置しなければ受益者負担金は払わなくてもよいか?

印刷用ページを表示する掲載日:2017年2月6日更新

A.受益者負担金は、対象土地が宅地であれば、支払義務が発生します。

受益者負担金は、対象土地が宅地であれば排水管の接続の有無にかかわらず、支払義務が発生します。対象土地が駐車場や空き地等で利用の形態がなくても同様です。ただし、対象土地が(登記簿・現況ともに)農地であれば徴収猶予の対象となります。猶予を申請する場合は下水道課まで「下水道事業受益者負担金徴収猶予申請書」を提出してください。
詳しくは、下水道課(Tel:0848-38-9232)までお問い合わせください。