ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 建築課 平成30年7月豪雨災害被災者への市営住宅の提供について

平成30年7月豪雨災害被災者への市営住宅の提供について

印刷用ページを表示する掲載日:2018年7月11日更新

 市では、平成30年7月5日からの豪雨により被災された方の一時的な住居の確保のため、
次のとおり一定期間、市営住宅を提供いたします。

対象となる方

 このたびの豪雨により、居住していた住宅が全壊、半壊または一部損壊し、継続して居住することが
困難となった人

 ※ただし、「市道が崩れて通行不能となり、他に迂回路もなく集落から孤立し、しかも復旧までに
  数か月程度かかる。」など、罹災証明書が発行されない状況であっても、居住困難な状態が
  継続している場合には、関係機関等からの聞き取りのうえ、一時入居の受け入れの可否を
  判断します。  

提供住宅

 入居が可能な市営住宅の一覧 [PDFファイル/93KB]をご確認ください。 

使用期間

 6か月以内
  (ただし、やむを得ないと認められるときには、入居から最長1年以内まで延長可)

 ※市営住宅入居資格を満たす人は、この期間中に正式入居することが可能です。

使用料等

 ・家賃は無償です。
 ・駐車場使用料は無償です。
 ・敷金、連帯保証人は不要です。
 ・電気、ガス、水道及び共益費は入居者にご負担いただきます。
 ・退去時の畳表替え等の原状回復は免除となります。
  ※ただし、入居者の過失によるものは入居者負担になります。

設備等

 風呂釜、浴槽、照明器具、ガスコンロは市が負担します。

申し込みについて

申込期限 

 7月15日(日曜日)17時まで

 ただし、申込期限までに申し込みがなかった住宅については、申込期限後も受付します。

抽選

 戸数に限りがあるため、入居希望者多数の場合には、抽選により決定します。

 抽選日 7月17日(火曜日)※場所や時間は申込者にお知らせします。

 申し込みに必要なもの

 ・市営住宅申込整理票 [PDFファイル/80KB]

 ・罹災証明書の写し
  ※罹災証明書の発行が間に合わない場合は、被災状況等がわかる写真などにより
    事前確認を行い、後日提出いただきます。
  ※入居に必要な書類は、入居が決定した後に提出していただきます。
 

その他

 犬や猫等のペットは飼育できません。  

申し込み及び相談窓口

 尾道市役所 都市部 建築課 住宅政策係

 電話(0848)38-9247

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)