ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 御調支所まちおこし課 尾道市御調地区空き家バンク制度

尾道市御調地区空き家バンク制度

印刷用ページを表示する掲載日:2017年1月10日更新

尾道市御調町内を対象とした「空き家バンク制度」を開始します。

尾道市では、御調町内における空き家の有効活用を通して、定住促進による地域の活性化を図るため「尾道市御調地区空き家バンク制度」を開始いたします。

目的:中山間地域である御調町で、定住促進による地域の活性化を図るため、広島県中山間地域の未来創造支援事業交付金(補助率1/2)をうけて里山暮らしを提案する空き家バンク制度を創設し、移住者の増加を図ります。
 

方法
(1)空き家バンク物件台帳への登録及び紹介については、御調町内で既に定住推進の取り組みを進めている一般社団法人みつぎさいこうに委託し運営します。
(2)空き家バンクについては、12月16日(水曜日)より専用ホームページ<外部リンク>を開設し、御調町の紹介や里山暮らしなどの情報提供も行っています。
(3)町内各振興区長会などを通じて広く町内から空き家情報を収集します。
(4)御調町内にある空き家となっている家屋で、所有者が空き家バンクに登録して譲渡または貸し出しに承諾していただける物件がありましたら、一般社団法人みつぎさいこう、または御調支所まちおこし課まちおこし係までお知らせください。
(5)一般社団法人みつぎさいこうの連絡先は、
  電話:0848-36-5866 または Mail:welcome@mitsugiakiya.jp です。
 

(参考)中山間地域の未来創造支援事業
若年層の流出や少子・高齢化等の進展による人口減少が続いている中山間地域において、産業対策を基本とした就業機会の創出による地域活性化が図れるよう、市町の意欲的な取り組みを通じ、魅力ある豊かな地域づくりを支援するための事業。
【補助率】県1/2、市1/2