ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 瀬戸田支所住民福祉課 戸籍に関する証明書の誤交付について

戸籍に関する証明書の誤交付について

印刷用ページを表示する掲載日:2018年1月12日更新
瀬戸田支所において申請のあった戸籍関係の証明書について、誤交付がありました。


【経過等】
 平成29年12月21日(木曜日)午前、瀬戸田支所住民福祉課住民生活係の窓口で、申請者1人からの戸籍請求により除籍謄本3通、改製原戸籍謄本3通の証明書を交付しましたが、その内の除籍謄本1通、改製原戸籍謄本3通を誤交付しました。平成29年12月28日(木曜日)に職員が気付き、誤交付が判明しました。

【原因】
 戸籍システムの選択時に、申請者の請求と同姓同名の別人の戸籍を誤選択してしまったことと、除籍や改製原戸籍の場合、申請者との続柄確認を行ったうえで、交付すべきところを十分に確認せず、別の職員による確認も不十分であったことが原因と考えております

【対応】
 平成29年12月28日(木曜日)に、申請者に連絡したうえで、平成30年1月4日(木曜日)、申請者宅に出向いて誤交付分4通を回収しました。1月5日(金曜日)には、課長及び担当職員が申請者宅へ出向いて謝罪するとともに、差替え分4通を渡しました。1月10日(水曜日)には、間違えて交付したご家族のうち、住所が確認できた3名について謝罪をおこないました。現在、間違えて交付した関係者のうち、死亡が確認された方を除く5名については調査中であり、確認でき次第、謝罪する予定です。

【再発防止策】
 ・マニュアルの確認と複数人によるチェックを徹底いたします。
 ・本庁の主管課との連携についても検討してまいります。

 市民の皆さんに深くお詫び申し上げますとともに、今後、細心の注意を払いながら再発防止に努めます。