ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ くらしの情報 消防・防災・防犯 消防 防火対象物点検の特例認定関係

防火対象物点検の特例認定関係

印刷用ページを表示する掲載日:2017年2月6日更新

 防火対象物点検の特例認定を申請する場合は、こちらの様式で申請してください。

防火対象物点検特例認定申請書 防火対象物定期点検が義務付けられている建物で、消防法令に規定する火災予防に関する事項を3年以上継続して遵守している建物の管理権原者が、所轄の消防署長に対して特例認定の申請を行い認定されると、認定後3年間の定期点検と報告が免除される制度です。1部提出
管理権原者変更届出書 防火対象物定期点検報告の特例認定された防火対象物の管理権原者に変更があった場合は、変更前の管理権原者が変更に係る届出を所轄の消防署に届け出なければなりません。
 その際に、この様式により届出を行うこととなります。
※管理形態に実質的な変更を伴わない等、届出が不要とされる場合がありますので、所轄の消防署にご相談下さい。
2部提出

関連書類