ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ くらしの情報 税金(個人) 固定資産税・都市計画税 サービス付き高齢者向け住宅に対する固定資産税の減額措置について

サービス付き高齢者向け住宅に対する固定資産税の減額措置について

印刷用ページを表示する掲載日:2017年2月6日更新

平成23年10月20日から平成29年3月31日までの間に新築された『高齢者の居住の安定確保に関する法律』に基づくサービス付き高齢者向け住宅について、5年間固定資産税額の3分の2を減額するものです。(都市計画税は減額されません。)

 減額対象要件

 次の要件をすべて満たす住宅であること。

  1. 『高齢者の居住の安定確保に関する法律』に基づき、登録を受けたサービス付き高齢者向け住宅で、平成23年10月20日から平成29年3月31日までの間に新築されたもの
  2. 建設に要する費用について、国または地方公共団体の補助を受けていること。
  3. 上記の登録を受けた住宅の戸数が5戸以上で、1戸当たりの床面積が30平方メートル以上280平方メートル以下であること。
  4. 主要構造部が(準)耐火構造であること。
  5. 居住部分と非居住部分(事務室など)とがある場合は、居住部分の割合が全体の床面積の2分の1以上であること。(※非居住部分は減額の対象とはなりません。)

減額期間および税額

 新たに固定資産税が課税されることとなった年度から5年度分に限り、1戸当たり120平方メートルまでの部分について固定資産税の3分の2を減額します。

減額を受けるために必要な提出書類

  1. サービス付き高齢者向け住宅に対する固定資産税の減額申告書
  2. サービス付き高齢者向け住宅として登録を受けたことを証する書類
  3. 建設に要する費用について国または地方公共団体の補助を受けたことを証する書類

※2・3の提出書類については、写しでかまいません。
※新たに固定資産税が課税されることとなる年度の初日の属する年の1月31日までに申告が必要です。

関連書類