ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ くらしの情報 税金(個人) 固定資産税・都市計画税 数年前に新築した住宅の税金が高くなった!? 年数経過しているのに評価額が下がらない!?

数年前に新築した住宅の税金が高くなった!? 年数経過しているのに評価額が下がらない!?

印刷用ページを表示する掲載日:2017年2月6日更新

A.新築住宅に対する減額期間が終了したためです。また、評価替えは3年ごとに行います。

新築住宅に対する固定資産税の減額期間は次のとおりです。

減額期間

  1. 一般の住宅(2以外)・・・新築後3年度分(※認定長期優良住宅は5年)
  2. 3階建以上の中高層耐火住宅等・・・新築後5年度分(※認定長期優良住宅は7年)

家屋の評価は、3年ごとに評価替えを行います。毎年の年数経過による減価はありません。

※家屋は再建築価格をもとに評価します。評価替え年度において、建築費等の上昇割合が経年減点補正率を上回る場合は、前年度の評価額に据え置かれます。その後も据え置かれている評価額を下回るまでに至らず、評価額が下がらない場合があります。

※経年減点補正率の適用が最も低い率(×0.20)に至っている家屋は、これ以上の年数経過による減価はありません。

※年数経過に伴う一般的な傷みの程度以上に家屋の損傷がある(雨漏り、天井・壁・床の崩落など)と思われる場合は、資産税課までご相談ください。

関連リンク