ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 生涯学習課 新しい東生口公民館がオープンしました!

新しい東生口公民館がオープンしました!

印刷用ページを表示する掲載日:2017年9月21日更新
施設外観

 東生口公民館が約200メートル北の高台の旧東生口小学校跡地に新築移転し、9月2日にオープンしました。
 この新しい公民館の開館により、生涯学習、文化の振興・伝承の場として、地域のコミュティづくり、地域防災の拠点施設として、地域住民が交流を深め、地域の活性化につながることが期待されます。

■場所 
  尾道市因島原町1591番地1(旧東生口小学校跡地) 

■コンセプト
 ”海と山と空” ”原町と洲江町””過去と未来”をつなぐ架け橋
・海や山に囲まれた豊かなロケーションを活かし、エントランスや”えんがわ”(廊下)など建物の内外から海や山を見渡すことができる。       
・原町と洲江町が一つの街としていつでも町民が気軽に立ち寄れ、語らい、集える『みんなの家』のような施設。
・旧東生口小学校校舎の面影を重ね、背景の山並みと対峙する水平ラインを強調し、周囲の集落に溶け込む勾配屋根を活かした外観。

室名面積摘要
施設概要
 ホール147.0平方メートル、123.9平方メートル、24.8平方メートル198席収容、間仕切り開放により最大295.91平方メートル
会議室40.9平方メートル 
研修室36.11平方メートル 
調理室57.04平方メートル調理台5台
和室22.3平方メートル12畳
その他エントランスホール・湯沸室・トイレ(男・女・多目的)・事務室・倉庫

駐輪場・駐車場(39台)

 記念碑 エントランス ホール

 調理室 えんがわ えんがわ  

■施設の特徴
・ホールと”えんがわ”(廊下)、会議室と研修室と調理室が間仕切りを開放することにより一体利用できる。 
・広いエントランスホールに図書棚を備えたラウンジがあり、憩いの場として活用できる。                                         ・トイレなどバリアフリー施設が充実している。                                                               ・備蓄倉庫を備えるなど、防災施設として避難所対応できる。                                              ・建物南側に、”えんがわ”(廊下)と”えんがわステージ”(テラス)があり、階段で芝生グラウンドと一体化した施設として利用できる。

■落成式及び記念行事
 9月2日土曜日9時30分から、玄関前で市長、議長、教育長、建設委員長、運営協議会会長によるテープカットを行い、ホールに移動後、落成式及び記念行事を行いました。
 落成式では最初に平谷市長の式辞、佐藤教育委員会教育長の工事経過報告があり、続いて、建設関係業者の方々に感謝状が贈呈され、建設業者を代表して(株)大宝組の新宅代表取締役より謝辞がありました。
 また、吉田市議会議長の祝辞、小田東生口公民館運営協議会会長の謝辞があり、最後に舞台幕を寄贈していただた地元の洲江町会の角町会長及び原町会の小田町会長に感謝状が贈呈されました。
 その後に行われた記念行事では、瀬戸田中学校吹奏楽部による演奏や公民館サークルによる踊り、詩吟・詩舞があり、開館を大いに盛り上げていただきました。
 玄関ポーチでは茶道同好会によるお茶のふるまいがあり、見学会の後一連の行事を終えました。

テープカット  市長式辞  感謝状 

記念行事(瀬戸田中吹奏学部)  詩吟  JA

■お問い合わせ先
  東生口公民館  電話番号:0845-28-0219   Emai:higashi0219@arrow.ocn.ne.jp