ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 文化振興課 文化遺産パートナー養成講座の開催

文化遺産パートナー養成講座の開催

印刷用ページを表示する掲載日:2017年2月6日更新

  日本遺産のまち尾道をガイドしたり、文化遺産を調査する「文化遺産パートナー」を養成する講座を開催します。

1 文化遺産パートナー養成の概要

 日本遺産「尾道水道が紡いだ中世からの箱庭的都市」「”日本最大の海賊”の本拠地:芸予諸島-よみがえる村上海賊の記憶」を国内外に発信するため、日本遺産や構成文化財について、来訪者等に解説、案内を行う専門的知識を持つ市民等(文化遺産パートナー)を養成する講座を開催しまう。また、同時に今後の市史編さん事業を見据え、様々な文化遺産を調査研究できるよう、学識者等を招聘し、講座や実地研修を開催いたします。

2 文化遺産パートナー養成講座の内容(3か年)

  1. 日本遺産「尾道水道が紡いだ中世からの箱庭的都市」の知識と実地研修:5回
  2. 尾道の歴史と文化全般の知識と実地研修:5回
  3. ガイドの方法:2回、外国語の知識と実地研修:3回
  4. 文化遺産調査の知識と実地研修:5回

3 文化遺産パートナーの登録と認定

年間10回程度の講座を開催。文化遺産パートナーは登録制とし、ガイド、調査・研究で15回参加した方に認定証を授与いたします。

  • ガイド:(1)(2)(3)で15回
  • 調査・研究:(1)(2)(4)で15回

4 平成27年度講座スケジュール

第1回

9月30日:文化遺産パートナー制度について
日本遺産尾道を知る(1)「尾道の石造物と石工」
講師:文化振興課 西井
場所:しまなみ交流館大会議室

第2回

11月19・20日:日本遺産ガイドマニュアル作成ワークショップ 
講師:文化振興課職員

第3回 

11月29日:日本遺産めぐり
「三浦正幸先生と歩く日本遺産の古建築(仮題)」
講師:尾道市文化財保護委員 三浦正幸氏

第4回

11月29日:日本遺産尾道を知る(2)(尾道学研究会と共催)
「古写真でみる日本遺産尾道」

第5回

2月:日本遺産めぐり
「文化財愛護少年団と歩く古寺めぐり」

ご案内

期間2015年11月19日(木曜日)~2015年11月20日(金曜日)
時間午後6時30分から午後8時まで
対象事前申込制
定員各50名
料金無料
申し込み情報事前申し込み必要(文化振興課へ電話申し込み)

お問い合わせ先

尾道市歴史文化まちづくり推進協議会

  • 電話:0848-20-7492
  • ファックス:0848-37-2740