ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ くらしの情報 救急・医療・健康 救急・医療 尾道市病院事業検討懇話会の開催状況

尾道市病院事業検討懇話会の開催状況

印刷用ページを表示する掲載日:2017年2月14日更新

第2回尾道市病院事業検討懇話会

 本市においては、「尾道市公立病院改革プラン」を平成21年3月に策定し、病院事業の改革に取り組んできましたが、人口減少や少子高齢化が急速に進展し、医療需要が大きく変化する中、医師不足等の厳しい状況が続き、適切な医療提供体制の維持が極めて厳しい状況が続いています。
 また、平成27年3月に総務省から「新公立病院改革ガイドライン」が示され、病院事業を設置する地方公共団体は、都道府県が策定する地域医療構想を踏まえ、新改革プランを策定することが求められています。
 このため、市長部局、病院事業局、医療関係者、有識者の委員で構成する「尾道市病院事業検討懇話会」を設置し、幅広い観点から意見交換を行い、新改革プランの内容について検討を進めています。

 当懇話会の開催状況を随時、お知らせしています。

-第2回開催状況-
 
新公立病院改革ガイドラインにおいては、「地域医療構想を踏まえた役割の明確化」、「経営効率化」、「再編・ネットワーク化」、「経営形態の見直し」の4つの視点に立って改革を進めることが必要とされています。
 

 現在、「地域医療構想を踏まえた役割の明確化」までを素案として策定しており、この視点に係る項目の内、「地域医療構想を踏まえた当該病院の果たすべき役割」、「地域包括ケアシステムの構築に向けて果たすべき役割」については、第1回懇話会で意見交換が行われました。-第1回開催状況については、こちらから-

 今回は「地域医療構想を踏まえた役割の明確化」の項目の内、「一般会計負担の考え方」、「医療機能等指標に係る数値目標の設定」、「住民の理解」について、意見交換が行われました。

【開催日時】
 平成29年1月31日(火曜日) 19時15分~20時00分

【開催場所】
 尾道市役所5階委員会室

【議事】
 1 一般会計負担の考え方について
 2 医療機能等指標に係る数値目標の設定について

 3 住民の理解について
 4
 その他

 会議録等については、別添のとおりです。別添資料の内、資料1・2の内容については、当懇話会における意見等を参考にしながら修正等が行われますので、確定したものではありません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)