ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 総務課 J-アラートの不具合について

J-アラートの不具合について

印刷用ページを表示する掲載日:2017年8月18日更新

1 不具合の状況について 

 全国瞬時警報システム(J-アラート)は、緊急地震速報、ミサイル発射情報等といった緊急情報を国から人口衛星を用いて送信し、情報伝達装置を自動起動させ、緊急情報を瞬時に伝達するシステムです。
 北朝鮮による弾道ミサイルが中国・四国地方の上空を通過した際の情報伝達機器の点検等を目的とし、8月18日(金曜日)午前11時に、国によるJ-アラートの情報伝達訓練が実施されました。
 訓練では、J-アラート自動起動装置により「尾道市安全・安心メール」(登録制メール)の登録者にメールを配信する計画でしたが、全登録者への配信ができない事態が発生しました。

2 不具合の原因と改善策について 

 今回の不具合の原因は、市のネットワークのセキュリティー環境を強化するため、本年6月24日に行ったインターネット接続環境の変更によるものでした。
 今回の不具合判明後、直ちに原因究明を行うとともに、機器の設定を修正し、システムが正常に作動することを確認しました。
 今後、こうした事態を起こさないために、保守点検、訓練等を通じて動作確認を行い、常にシステムが良好に動作するよう万全を期してまいります。