ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 市政情報 行財政 行政改革 第6次尾道市行財政改革(前期実施計画)の成果について

第6次尾道市行財政改革(前期実施計画)の成果について

印刷用ページを表示する掲載日:2017年9月6日更新

第6次行財政改革(前期実施計画)の成果 「約19億円の効果額」

 尾道市が平成26年度から28年度まで3ヵ年で進めてきた第6次行財政改革(前期実施計画)の成果をお知らせします。
 第6次行財政改革(前期実施計画)は、「財政の健全化」、「効率的な行政運営」、「市民と行政の新たな関係によるまちづくり」を基本方針として取組を進め、3ヵ年全体で約19億円の効果額となりました。
 取組結果の概要等は、添付資料を御参照ください。

 平成29年度からは、昨年度末に策定した「第6次尾道市行財政改革大綱 後期実施計画」の中で、前期実施計画と同様の3つの基本方針を柱に、引き続き行財政改革に取り組んでいきます。

関係書類

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)