[ここから本文]

最終更新日:2016年12月27日(火曜日)  ID:2-2-7113-8871     印刷用ページ

情報発信元:  文化振興課 文化財係 本庁舎4階

尾道市文化財愛護少年団学習会の報告

尾道市文化財愛護少年団は、市内小学校5,6年生及び中学生の参加希望者で構成され、さまざまな学習会を通じて文化財について学び、将来尾道の文化財を守り伝えていく市民の育成を担っています。
 尾道市文化財愛護少年団では、本年度「村上海賊」が日本遺産に認定されたのを記念して、2回分の学習会を「村上海賊」特集にして実施しました。
 第1回学習会の洋上セミナーでは今治市の村上水軍博物館を見学したり、潮流体験で船に乗って能島に上陸し、能島城も見学しました。
 第5回学習会の文化財バス見学では、因島と生口島にある村上海賊ゆかりの文化財などを見学し、尾道市名勝白滝山では瀬戸内海の他島美を眺め、因島水軍城では甲冑を身にまとい、村上海賊に扮して、村上海賊に対する理解を深め、向上寺では国宝の三重塔について学びました。
 そのほかには、第2回学習会での土器づくり、第3回学習会での勾玉づくり、第4回学習会での文化財調査(仏像調査)などをこれまで実施してきました。
 尾道市文化財愛護少年団では、尾道市の文化と伝統を理解するとともに、尾道市に対する郷土愛をさらに深めてもらえるよう努めて参ります。

お問い合わせ先

 尾道市企画財務部文化振興課

  • 電話:0848-20-7425
  • ファックス:0848-37-2740

最終更新日:2016年12月27日(火曜日)  コンテンツID:2-2-7113-8871     印刷用ページ

情報発信元

文化振興課 文化財係(本庁舎4階)

所在地:722-8501 広島県尾道市久保1丁目15−1

電話:0848-20-7425

ファックス:0848-37-2740

  この課・施設の詳しい情報を見る