[ここから本文]

最終更新日:2013年4月17日(水曜日)  ID:4-8-33-1491     印刷用ページ

情報発信元:  まちづくり推進課 まちづくり推進係 市役所本庁3階

尾道市の景観(建築などの行為をするとき)

 尾道市景観計画区域(景観地区を除く市全域)で、一定規模以上の建築行為等を行なう場合は、尾道市景観計画及び尾道市景観条例によって尾道市長への届出が必要です。
 また景観地区では、規模の大小に関わらず建築行為等を行なう場合は、尾道市長に認定申請を行い、その認定を受けることが必要です。

届出【景観計画区域】
 景観計画に基づく届出対象行為は、景観法第16条第1項の規定に基づき、また、広島県の景観条例における届出対象(大規模行為)との整合性を保つ観点から、行為の種別ごとに届出対象となる規模等を定めています。(届出対象となる規模等は、下記関連書類の「概要・景観計画区域での行為の手引き」をご参照ください。)

認定申請【景観地区】
 景観計画で重点地区と位置づけた、尾道駅西から尾道大橋までの間の斜面市街地を含む中心市街地及び対岸の向島の沿岸部のエリアを、都市計画で景観地区に定めています。
 このエリアでは、建築物などのデザインや色彩を制限するほか、眺望景観を守るために一定の区域で建築物の高さを制限します。(認定申請が必要となる行為等は、下記関連書類の「景観地区での行為の手引き」をご参照ください。)

【チェックリスト】
 チェックリストは、景観形成の基準の内容をわかりやすく一覧表にまとめたもので、計画段階の検討資料として、あるいは、届出または申請時の資料として活用していただくものです。


【届出・認定申請の手続】
○届出または認定申請が必要となる行為の詳細については、下記関連書類の『概要・景観計画区域での行為の手引きP2〜3』、『景観地区での行為の手引きP21〜22』や、『尾道市の景観施策のあらまし』でご確認ください。

○添付書類(主なものを掲載しています。)
  *敷地の位置図・敷地周辺の状況を表示する図面(縮尺1/2500以上のもの)
  *当該敷地及び当該敷地周辺の状況を示す写真(日本工業規格A4用紙に貼付又は印刷したもの)
  *当該敷地における建築物又は工作物等の位置(配置)を示す図面(縮尺1/100以上のもの)
  *主要部分の材料の種別、仕上げ方法及び色彩の分かる立面図
       《必要な添付書類は各届出書等に記載していますので、ご参照ください。》

○提出部数
  2部(届出書・認定申請書及び添付図面等)

○届出・認定申請は、充分な余裕をもって行ってください。手続を円滑に進めるため、基本設計段階など、届出・申請前での事前相談も受けますので、まちづくり推進課までお気軽にお問い合わせください。

※尾道市の景観については、こちらをご覧ください。
※屋外広告物については、こちらをご覧ください。

最終更新日:2013年4月17日(水曜日)  ID:4-8-33-1491     印刷用ページ

情報発信元

まちづくり推進課 まちづくり推進係(市役所本庁3階)

所在地:722-8501 広島県尾道市久保1丁目15-1

電話:0848-38-9223

  この課・施設の詳しい情報を見る