[ここから本文]

最終更新日:2014年4月8日(火曜日)  ID:4-8-36-907     印刷用ページ

情報発信元:  建築指導課 開発指導係

開発行為の許可(都市計画法第29条)

開発許可

●主として建築物の建築又は特定工作物の建設の用に供する目的で行う土地の区画形質の変更のことをいいます。(法第4条第12項)
許可を受けなければならない規模については次のとおりです。
1 市街化区域で行う1,000u以上の開発行為(法第29条第1項第1号・政令第19条第1項)

2 区域区分が定められていない都市計画区域で行う3,000u以上の開発行為(法第29条第1項・政令第19条第1項)

3 市街化調整区域で行う開発行為(法第29条)

4 都市計画区域外で行う10,000u以上の開発行為(法第29条第2.項・政令第22条の2)

5 開発区域が二以上の区域にわたる場合で次に掲げる開発行為

※ 上記1の区域が3の区域にわたる場合で、市街化区域1,000u以上又は合計で10,000u以上の場合は開発区域全体が許可の対象となります。
※ 上記2の区域が、1及び3の区域にわたる場合は、開発区域全体が許可の対象となります。

最終更新日:2014年4月8日(火曜日)  ID:4-8-36-907     印刷用ページ

情報発信元

建築指導課 開発指導係

所在地:722-8501 広島県尾道市久保一丁目15-1

電話:0848-38-9420 (内線:420)