ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 十字路ーONOMICHI ART CROSSROASー
十字路ーONOMICHI ART CROSSROASー

尾道芸術祭 十字路ーONOMICHI ART CROSSROADS-

印刷用ページを表示する掲載日:2017年8月16日更新

過去と未来、伝統と革新、交わる創造の十字路

Crossover of creativity; Past, Future, Traditions, and Innovations

jpeg<外部リンク>Jpegjpeg<外部リンク>Jpegjpeg<外部リンク>

会期(Exhibition Period)

9月16日(土曜日)~随時公開 12月3日(日曜日)まで

From Saturday, September 16 as available until Sunday, December 3

※公開日や時間は各会場ごとにご確認ください。

Please check the opening date and time of each exhibition


会場(Venues)|

❶アートベース百島ART BASE MOMOSHIMA(尾道市百島町1440)☎0848-73-5105

9月16日(土曜日)~12月3日(日曜日) 月・火・水休館(祝日開館) 開館時間10時00分~17時00分

料金:大人1,000円/大学生800円/高校生以下無料(※百島の3会場(❶~❸)共通)※百島のチケットで西御所県営上屋3号倉庫も観覧できます。

出品作家/石内都・柳幸典・原口典之 ほか

JPG

❷五右衛門風呂の家「乙1731」」(GOEMON-Bath House "OTSU 1731"(尾道市百島町乙1731)☎0848-73-5105

9月16日(土曜日)~12月3日(日曜日) 月・火・水休館(祝日開館) 開館時間10時00分~17時00分

料金:大人1,000円/大学生800円/高校生以下無料(※百島の3会場(❶~❸)共通)※百島のチケットで西御所県営上屋3号倉庫も観覧できます。

出品作家/原口典之・山本基 (※山本基は、10/18~20まで現地滞在制作。11/12(日曜日)には「海に還るプロジェクト」を行います。)

❸旧百島東映劇場「日章館」NISSHOKAN(尾道市百島町1340)☎0848-73-5105

9月16日(土曜日)~12月3日(日曜日) 月・火・水休館(祝日開館) 開館時間10時00分~17時00分

料金:大人1,000円/大学生800円/高校生以下無料(※百島の3会場(❶~❸)共通)※百島のチケットで西御所県営上屋3号倉庫も観覧できます。

出品作家/柳幸典

❹西御所県営上屋3号倉庫Onomichi Warehouse No.3(尾道市西御所町5-25)☎0848-73-5105

9月16日(土曜日)~12月3日(日曜日) 月・火休館(祝日開館) 開館時間11時00分~17時00分 

料金:大人500円/大学生300円/高校生以下無料※百島会場とのセットチケット(1,000円)もあり。

出品作家/柳幸典・原口典之

❺旧八木文教店Information Center -YAGI BUNKYOTEN-(尾道市土堂一丁目4-22)☎0848-73-5105

9月16日(土曜日)~12月3日(日曜日) 月・火休館(祝日開館) 開館時間11時00分~17時00分 

料金:無料

若手作家の映像作品を上映中です

光明寺會舘Komyoji-Kaikan(尾道市東土堂町2-1)☎0848-51-5717

11月4日(土曜日)~12月3日(日曜日) 火・水休館 開館時間11時00分~18時00分 

料金:無料

出品作家/シュシ・スライマン

JPG

通称ガウディハウスGaudi House(尾道市三軒家町9-17)☎080-6323-9921

11月4日(土曜日)~12月3日(日曜日)の土・日・祝日公開 開館時間11時00分~17時00分 

料金:300

出品作家/渡邉義孝

JPG

高橋家Takahashi House(尾道市長江二丁目17-1)

11月4日(土曜日)~12月3日(日曜日)の土・日・祝日公開 開館時間11時00分~17時00分

料金:無料

出品作家/横谷奈歩

JPG

 

 

参加アーティスト(Artist)

百島エリア(Momoshima Area)


石内都(Miyako Ishiuchi)/柳幸典(Yukinori Yanagi)/原口典之(Noriyuki Haraguchi)/山本基(Motoi Yamamoto) ほか

 

尾道エリア(Onomichi Area)


岩間賢(Satoshi Iwama)シュシ・スライマン(Shooshie Sulaiman)/原口典之(Noriyuki Haraguchi)/もうひとり(Mouhitori)/柳幸典(Yukinori Yanagi)/横谷奈歩(Naho Yokoya)/渡邉義孝(Yoshitaka Watanabe) ほか

イベント(Event)

Event1:トークイベント「再生の軌跡~記憶と風景~」

11月4日(土曜日)18時00分~(開場17時00分~) 料金:無料

場所:松翠園(尾道市西土堂町1-12) 

出演:渡邉義孝・豊田雅子・小野環 ほか

内容:今までの再生の軌跡を語るトークイベント

Event2:「フリーダ・カーロの遺品—石内都、織るようにー」上映会

11月5日(日曜日)15時00分(予定) 料金1,800

場所:シネマ尾道 

内容:「フリーダ・カーロの遺品—石内都、織るようにー」を1日のみ特別上映。石内都さん、小谷忠典監督によるトークイベントも行います。

Event3:山本基「海に還るプロジェクト」<外部リンク>

11月12日(日曜日)16時00分~ 料金:無料

場所:五右衛門風呂の家「乙1731」

内容:作品を描くために使用した塩を、プロジェクトの趣旨に共感された皆さんと「海に還す」プロジェクト。作家と一緒に作品を壊し、塩を百島の海に撒きます。巡り巡る生命の繋がりを祝福します。

JPG https://www.facebook.com/onomichi.art.crossroads/<外部リンク>

概要(Summary)

 尾道は中世以来より瀬戸内海の島々を繋ぐ東西の航路と、山陰から四国へと貫く南北の路が交差する「十字路」の中心に位置する港湾都市として発展してきました。
 豪商たちの経済力は、寺社への寄進や茶園別荘(茶道)の造営などにも費やされ、瀬戸内海有数の文化都市を形成する原動力となりました。
 中世から近世、近代から現代。尾道では、その時代ごとに芸術文化を育もうとする土壌が培われてきました。そして、今、さまざまなアーティストたちが、新たな尾道の風景(歴史)を創造しようと活動しています。
 芸術祭「十字路-Onomichi Art Crossroads-」は、尾道市内で活動する「Art Base Momoshima」「Air Onomichi」「尾道空き家再生プロジェクト」による3つのプロジェクトが交わり融合するものです。
 過去と未来、伝統と創造が交差するアートによる十字路で、尾道の新たな魅力が創出されます。

Since the medieval period, Onomichi has been developed as a crossroad linking the many islands of the Seto Inland Sea from East to West, and linking San-in to Shikoku from North to South.
An economic region run by powerful merchants who spent much of their money building temples, shrines, and tea houses. This was the motivating factor for creating an outstanding cultural city on the Seto Inland Sea.
From the medieval period to the early – modern times and modern times to contemporary times. In Onomichi, an unique environment cultivating and fostering art culture has been created during each historical period. Today, there are various artists creating the new vision and history of Onomichi.
There are 3 groups, ART BASE MOMOSHIMA, AIR Onomichi, and Onomichi Akiya Saisei Project working together in Onomichi city. They integrate together in an art festival, “ONOMICHI ART CROSSROADS.”
Crossroads of past, future, traditions, and creativity by art generate new Onomichi attractions.

内容(Contents)

 十字路は、これまで尾道市で活動を展開してきたArt Base Momoshima 、Air Onomichi 、尾道空き家再生プロジェクトによる芸術祭です。
 尾道駅の西にある港湾倉庫(西御所県営上屋3号)の大空間に、柳幸典のGod-zillaが上陸。
 歴史的景観斜面地では、再生間もないガウディハウスにおいて、渡邉義孝の全フィールドノートを展示公開する他、シュシ・スライマンによる日本とマレーシアの文化交流が行われます。
 海を渡った百島では、長年廃墟となっていた旧映画館を再生し、柳幸典の大作を犬島から移設公開。アートベース百島館内では、石内都の《フリーダ・カーロ》シリーズを公開します。
 そして、新たなプロジェクトの第一弾として一軒の廃屋がアートハウスとして生まれ変わります。
 尾道と百島を巡る芸術祭が、その場所が持つ歴史や記憶と対峙するきっかけとなり、再生や創造を体感することで、未来に対する想像力を喚起する契機となることに期待しています。

ONOMICHI ART CROSSROADS is an art festival by ART BASE MOMOSHIMA, AIR Onomichi, and Onomichi Akiya Saisei Project, developing their activities in Onomichi city.
God-zilla by Yukinori Yanagi stepped onto land in a large area of dock Onomichi Warehouse No.3. There will be an exhibition of all field notes by Yoshitaka Watanabe, and a cultural exchange event between Japan and Malaysia by Shooshie Sulaiman at the newly renovated Gaudi House located on the historical steep hillside.
At Momoshima Island located across the sea, there is an old renovated movie theater that was in ruins for many years. Residing in this movie theater is a large piece of art that was carried from Inujima Island. Located in the building of ART BASE MOMOSHIMA, “Frida Kahlo” a series by Miyako Ishiuchi, will be exhibited. The first of a new project series, one abandoned house will be renovated into an art house.
It is expected that this art festival circulating around Onomichi and Momoshima will stimulate the history and culture of each location and experience a rebirth of creativity. The experience should motivate an awakening of imagination for the future.

参加団体(Participant Groups)

Art Base 百島(Art Base Momoshima)

 歴史的情緒豊かな尾道水道と鞆の浦との中間に位置する離島の廃校をアートで再活用し、地域文化の拠り所となる瀬戸内海の原風景を次世代にどのように継承していくべきかを考えながら、アーティストと恊働者達の創造活動が、地域課題の解決と島々のネットワークによる海の道のアート・ツーリズムの創造に貢献する活動をしています。

ART BASE MOMOSHIMA is based at an abandoned house on an isolated island in the center of historic and photogenic Onomichi Channel and Tomonoura. The concept of this group is that the indigenous landscape around the Seto Inland Sea represents the base of local culture and it should be passed on to future generations. This group has contributed to solving issues pertaining to the area and to the creation of art tourism, “Sea Road” which is networking among the area island.

Air Onomichi

 尾道水道を臨む尾道旧市街斜面地の空き家、廃屋で活動を行っているアーティスト・イン・レジデンス・プログラム。
 お寺の境内に位置する光明寺會舘を拠点に国内外のアーティストの滞在制作を支援しながら、アーティスト独自の視点で場を読み解き、そこに眠っている時間的空間的価値を掘り起こしていきます。
 2007年から隔年で開催しています。

AIR Onomichi is the artist-in-residence program working on abandoned houses and ruins located on the steep hillside of old Onomichi city. At our activity base, Komyoji-Kaikan located on the temple grounds we support the work of local and international artists residing here and reveal artistic insights of the field force uncovering the existence of temporal and spatial value. Since 2007 it is held every other year.

NPO法人尾道空き家再生プロジェクト(Onomichi Akiya Saisei Project)

 2007年より尾道市内の斜面地や路地裏に増え続けている空き家の再生に取り組み、これまで数多くの物件を多様な形で再生し、活用しています。
 コミュニティ・建築・環境・アート・観光の5つの視点からの多彩な活動を通じて、尾道独自の古いたてものや町並みの保全と、次世代のコミュニティの確立を目指しています。

Since 2007 we have engaged in the renovation of abandoned houses which are increasing on the hillside and off-streets in Onomichi city. We have already transformed many property into various forms. We aim to conserve the unique old buildings and streetscape of Onomichi, and establish a community for the future generations through diverse activities from five different perspectives, such as community, architecture, environment, arts, and tourism.

主催|現代アートの創造発信事業実行委員会
助成|文化庁・尾道市
特別協賛|公益財団法人テルモ生命科学芸術財団、公益財団法人福武財団・国際交流基金アジアセンター アジア・市民交流助成

JPEG

平成29年度文化庁文化芸術創造活用プラットフォーム形成事業

Supported by the Agency for Cultural Affairs Government of Japan in the fiscal 2017


 

JPG

Link

JPG<外部リンク> 

 JPG<外部リンク> 

 


会場(VENUES)
百島エリア(MOMOSHIMA AREA)
尾道エリア(ONOMICHI AREA)