ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 教育委員会 市内中学校バス通学生徒に係る平成29年度分通学費補助金の誤交付について
教育委員会

市内中学校バス通学生徒に係る平成29年度分通学費補助金の誤交付について

印刷用ページを表示する掲載日:2018年9月14日更新

 この度、市内中学校バス通学生徒に係る平成29年度分通学費補助金を誤交付していたことが判明しました。

1 概要

 バス通学生徒(久保中学校)に係る平成29年度分通学費補助金のうち、1学期分(4月~7月分)2学期分(9月~12月分)の補助金額について、交付額に誤りがあることが判明しました。

【不足交付】

 2学期分 2,260円 2件  合計4,520円

【超過交付】

 1学期分 180円 1件  660円 1件  合計840円

 

2 経過

○平成30年9月11日(火)14時頃

 久保中学校保護者より久保中学校へ、平成29年度2学期分補助金の交付額に誤りがあるのではないかとの問い合わせがあった旨、当該校より連絡を受けました。

○平成30年9月11日(火)20時頃

 事務担当者が昨年度全学期の交付額を確認したところ、4件の誤りがあることが判明しました。

○平成30年9月12日(水)17時30分

 久保中学校へ来訪し、校長・教頭・事務長に対し、経緯の説明と謝罪を行いました。

○平成30年9月12日(水)13日(木)

 該当保護者へ電話にて経緯の説明と謝罪を行うとともに、自宅へ訪問し経緯の説明と謝罪を行いました。

3 今後の対応

 本件の原因は、金額の誤入力によるものです。このような事態になりましたこと深くお詫び申し上げます。今後は、事務の取り扱いについて細心の注意を払うとともに、複数人での確認の徹底を図り、再発防止に努めてまいります。

 また、速やかに不足交付分は交付し、超過交付分は返還をしていただきます。

 平成30年9月14日

                              尾道市教育委員会学校教育部学校経営企画課