ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 環境政策課 生活衛生関係営業施設等における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン<改訂>について

生活衛生関係営業施設等における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン<改訂>について

印刷用ページを表示する掲載日:2021年1月22日更新

宿泊施設に待機中の入国者等への健康フォローアップ等の実施手法について

 新型コロナウイルス感染症の水際対策強化の一環として、入国者健康確認センターを設置し、国において、入国後14日間、すべての国・地域からの入国者等に対して、位置情報・健康状態の報告、ビデオ通話等による居所確認等(以下「健康フォローアップ等」という。)を行っています。

このため、自ら確保した宿泊施設に待機中の入国者等が健康フォローアップ等に応答しない場合には、センターより当該宿泊施設に架電し、当該入国者等の客室への取り次ぎをお願いすることがあり得ますので、その旨ご留意のうえ、適切にご対応いただくよう、よろしくお願いします。

なお、入国者等においては、入国時に記載する「誓約書」において、宿泊する施設に対して紹介を行う場合がある旨を制約いただいています。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)