ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 健康推進課 令和2年度妊婦支援金支給事業

令和2年度妊婦支援金支給事業

印刷用ページを表示する掲載日:2020年6月30日更新

 このたび、尾道市では、新型コロナウイルス感染症の予防対策に留意して過ごされている妊産婦さんに対して、応援の給付金を支給します。

 対象の人には申請書を送付しますので、郵送による申請手続きを行ってください。

 ご不明な点や対象者に該当するのに申請書が届かない場合は、健康推進課までご連絡ください。

支援金を受けることができる人

 申請日に尾道市の住民基本台帳に登録があり、次のいずれかに該当する人が対象です。

1.令和2年4月1日から6月30日までの間に出産した人

     ※7月1日以降の転入者は、対象になりません。

2.令和2年7月1日時点で妊娠中の人と、9月30日までに母子健康手帳の交付を受けた妊婦

    ※ 他市町で同等の支援金を受給された人は、対象外です。

 

支援金額 

 妊婦1人につき 10,000円

 申請から2か月程度で、ご指定の口座に振り込みます。 

 

申請に必要な物

 ・令和2年度尾道市妊婦支援金支給申請書

 ・振込先指定口座確認書類

 〔金融機関・支店名、口座番号、口座名義(カナ)が分かる通帳やキャッシュカードの写し〕

 

申請方法

 (1)すでに母子健康手帳をお持ちの人

  該当者に申請書を個別に送付しますので、必要事項を記入のうえ上記の書類を添付して

    同封の返信用封筒で、尾道市健康推進課へ郵送して下さい。

    ※ 申請書の送付は、妊娠届出時に記載された出産予定日をもとに行います。

      届出後状況が変わられた場合などは、ご容赦ください。

        7月1日から9月30日までに転入された妊婦の方には、母子健康手帳の別冊交換後に

        申請書類を手渡し、又は、郵送します。

 

 (2)7月1日から9月30日までに新たに母子健康手帳を申請する人

妊娠届出時に、申請書と返信用封筒をお渡しします。なお、妊娠届出書には医師の証明が必要です。

印鑑・申請者の通帳かキャッシュカード・本人確認ができるもの(運転免許証など)があれば、その場で申請書を受理します。  

 

申請期限

 令和2年10月31日(土曜日)

 郵送の場合は消印有効です。

   期限を過ぎた場合は受理できませんので、早めに申請してください。

問い合わせ先

 尾道市 健康推進課 すこやか親子係

 【住所】 〒722-0017

      広島県尾道市門田町22-5 総合福祉センター内 2階

 【電話】 (0848)24-1960

 【窓口】 月~金(土日祝日、年末年始を除く)8時30分 ~ 17時15分